Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
為替は私の心配をよそに、大きく反転です。

9.11 の日にほとんど最安値でいったんポジションをクローズしてしまっていた私ですが、18日のお昼、および前後12時間ほどの間に、以前のポジションの 1/3 ほど(後で正確に計算したら38%でした)を一気に戻しました。

市場の雰囲気が違うことに気づいたのは、18日に昼食を取った後でした。株価が大幅に下げているにもかかわらず、為替が若干、円安に振れているのを見て、

  「投資家のリスク許容度が変化している。反転かも!」

と思い、すぐさま携帯でポジションを再構築しました。以前はレバレッジを4~5倍にしていましたが、今回はちょっと反省して2倍弱にとどめました。

私がポジションを戻した時点では、空売り規制の報道がなされていただけですが、その後の整理回収機構ネタで一気に円安に。もう少し遅れていたら、リカバリのチャンスを失う所でした。

レバレッジを低くした分、リカバリできる金額が少なくなったのは残念ですが、素早く決断したのは不幸中の幸いでした。


今回(今年)の反省点は、以下のような感じでしょうか。

1.常に(毎日)レバレッジを把握していたにも関わらず、
  急激な変化に心理面が追いついて行けなかった。

2.他の資産も大きく目減りしていたため、FX以外の面でも
  心理的な負担が大きくなってしまっていた。
    ⇒ リスク資産の割合が高すぎ?

3.当日は、仕事で精神的に疲れていた。普通の日であれば
  もう一歩、踏み込んで考えることができ、一斉決済していなかった
  かも知れない。精神的に不安定なときでも、投資に安定して取り
  組めるよう、何らかの策が必要か。

4.ポジションを解消しても、市場を見る目にバイアスがかからない
  ということはなかった。ポジションをクローズしたからこそ、
  「もう少し相場は下げるはず」というバイアスがかかっていた。
    ⇒ ただし、そのバイアスを振り切ってすぐにポジションを
      再構築できたのは良かった

5.サブプライムという危機に対するトータルな読みをあまり
  していなかった。

6.利益確定の研究ができていなかった。途中で確定できていれば、
  結果的にレバレッジは下がり、損失も限定できた。

7.「リターンをコントロールするな! リスクをコントロールせよ!」
  という自分で作った標語をよく眺めていたが、今回のような金融危機
  に対する、リスク・コントロールが不十分だった。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

有難うございます

でも私、達観なんかしていませんよ。難しい経済のことは一切分からないので、なんとか楽にほっといてよい方法はないかと思っただけです。ですから、ポートフォリオは一切組んでおりません。一般的には、リスク軽減のため資産は分散すべきだと言われてますが、私は、この考え方には疑問です。どう運用してよいか分からないほどの資産があるなら、いろいろに分散してもよいでしょうが、僅かな資金を分散したら消えてなくなってしまうからです。
又、こっちで利益を出していても、こっちでは損失を出していては、儲けは減ってしまいますよね。全てがうまくいかない場合だってあるわけです。果してこれがリスク管理といえるでしょうか?
それよりも、「大丈夫!」と確信がもてるものに一極集中するほうが良いと思いますが、 古琳斗 さんは、どう思われますか?

  • 2008/09/24(水) 09:42:33 |
  • URL |
  • ボニータ #-
  • [編集]

達観されていますね

ボニータさんの投資に対する取り組みをお聞きして、「達観されているなぁ」と思いました。それに対して私の投資は、「遊んでいるなぁ」という気がしました。ポートフォリオ症候群なのかも知れません(笑)。

私は株式を直接購入しないためか Value at Risk という言葉にあまり馴染みがないのですが、これはファンドの成績を示す場合のシャープレシオ(リターン ÷ リスク(標準偏差))のことですね? 確かに、これを計算すると、NZD は成績が良い方です。私の手元にある資料ですと、過去5年間のリスクは 11.5% ですので、

 シャープレシオ(NZD) = 8.0% ÷ 11.5% = 0.69

となりますね。ポンドはリスクが高い(値動きが激しい)というイメージがありますが、実際には NZD よりもリスク(標準偏差)は低いです。これは、1ポンドが200円前後なので、そう感じるのだと思います。今は GBP の金利が下がっているので、あまり良くありませんね。

 シャープレシオ(GBP) = 3.0% ÷ 8.4% = 0.357

レバレッジが7倍とのことですが、普通に考えますと、スワップ戦略のレバレッジとしては高いと思います。それでボニータさんが問題なく運用して来れているのは、きっと上手に安値を拾われているからですね (^_^)

  • 2008/09/23(火) 21:59:23 |
  • URL |
  • 古琳斗 #-
  • [編集]

私の場合は…

スワップ金利を狙う場合、通貨の選択も非常に大切だと思います。私の場合はニュージーランドドルを買いました。金利が高い割に国が安定しているのが選んだ理由です。ポンドでもよいのですが、為替の変動幅が大きいので、スワップを狙うのにはちょっとと思いました。
レバレッジは7倍にしました。過去5年間のデータを元に、ヒストリカルボラティリティとバリューアットリスクを割り出し、そこからレバレッジを計算しリスク管理をしました。その結果、レバレッジ7倍でも、過去5年間に一度もそこまで下がったことはなかったので、大丈夫だと確信しました。今回の円高局面でも、もっともっと円高になっても大丈夫でしたので、安心してほったらかしにできました。スワップ金利を狙う場合、大切なことは、安定した国の通貨を選び、リスク管理をしっかりし、買うタイミングとして過去5年間のうちで一番安い時の値段に近い値段で買うことだと思います。

  • 2008/09/23(火) 07:40:57 |
  • URL |
  • ボニータ #-
  • [編集]

今回は不本意ながら…

ボニータさん、コメント、ありがとうございます。

基本的に、ボニータさんがおっしゃっていることと、私が取ってきた方法は同じです。今回のドタバタは、不本意ながら取ってしまった行動ということですね(汗)。

本当に「ほったらかし」にするのであれば、レバレッジを2倍程度にしておけば良いのですが、「少しでもリターンを上げたい」、「リスクに対しては、非常時にポジションを少し落とすことで対応」という風に考え、実際、これまでの円高の局面を乗り越えてきました。ただ、今回の金融危機に伴う円高を乗り越えるには、レバレッジが高すぎたようです。

  • 2008/09/22(月) 23:58:10 |
  • URL |
  • 古琳斗 #-
  • [編集]

FX

こんにちわ。再び、FXのポジションを持たれたのですね。
私、思うのですが、

①FXで為替差益を狙うのでしたら、為替が上がった、下がったに機敏に反応せざるを得ませんが、
 スワップ金利を狙うのでしたら、上がった、下がったに関係なくほったらかしにするのが一番だと思い  ます。只、強制ロスカットされないことだけに注意していればよいのではないでしょうか。
 先を読んで一喜一憂し、売ったり買ったりするのは最もまずいやり方だと思います。

②スワップ金利がたまってきたら、最初に買った時のレバレッジを維持しながら、複利運用するのがよ  いと思います。
 例えば、最初に100万円で10万ドル買ったとすると、10万円で1万ドルを買ったわけですから、スワップ 金利が10万円貯まったら、ポジションを決済することなく、1万ドル買い足すわけです。
 これで最初のレバレッジを維持することが出来ます。
 元金にもよりますが、はじめは1万ドル買い足すのに1か月~2か月くらいかかっても、次第にその期間 が短くなってきて、ポジションが多くなり、スワップ金利もどんどん増えていきます。

以上が、私の行き着いた一番安全な方法です。
もっと良い方法があったら是非教えて下さいね。
どうぞ宜しくお願い致します。

  • 2008/09/22(月) 14:12:36 |
  • URL |
  • ボニータ #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。