Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
首都圏の交通の話題と言えば、PASMO でしょう。今、私は韓国にいるので実際に見ることができていませんが、是非、作りたいと思わせるカードです。これまで、こういったカードは交通会社が別々でしたが、首都圏のほとんどの交通機関で共通に使えるというのは、画期的なことです。どこでどうなって統一化されたのでしょうね。

問題は、どの会社の PASMO カードを作成するのがいいのかということですが、私はデパートにはほとんど行かないので、東京メトロのカードが無難な選択かも知れません。都営バスのカードは割引がなされていましたが、PASMO でも毎日通勤で使っているような方にとっては、従来のカード並みの割引が受けられます。逆に言えば、たまにしか乗らないのであれば、従来のカードの方がお得です(PASMO の割引は月単位での利用額に依存するので)。

話は変わって、先日、韓国の地下鉄に乗りました。感じは日本の地下鉄と似ていますが、当然の事ながら異なっている部分もあります。

1.地下鉄構内の作りが大振り(天井が日本の数倍高い)
2.駅構内に音楽が流れている
3.貨物列車が通っている(私が見たのは地上でしたが)
4.中刷り広告が少ない
5.中刷り広告ならぬ中刷り(刷ってないけど)液晶ディスプレイがある
6.日本の地下鉄に比べて車内広告が少ない
7.電車内で勝手に物を売っている人がいる
8.改札口内に精算機がない(駅員が事務室から見ていてマイクで誘導する)
9.運賃が安い(初乗り1,000ウォン?(125 円)でそこそこ乗れる)
スポンサーサイト
このページのトップへ
韓国では北朝鮮からの攻撃に備えて(と言うには大げさかも知れませんが)定期的に、全国民参加の軍事訓練をしています。と言っても、10分間ほど「何もしない」だけなのですけど。

今日はその訓練の日でした。ちょうどタクシーに乗っていた時にサイレンが鳴りました。すると、走っていた車がすべて停止し、交差点には看板を持った(実際には、折りたたみの看板を置いた)係員らしき人が立っていました。また、緊急自動車がサイレンを鳴らしながら、クリーンな状態になった道路を通過して行きました。この間、ラジオでは訓練用の放送が流れています。おそらく、TVでも流れているのでしょう(私たちはタクシーの中にいたので確認はできませんでしたが)。10分ほどして訓練終了。何もなかったように、車が一斉に動き出しました。

こうした訓練は年に1,2回ほどあるようです。
このページのトップへ
日本で韓国のドラマが見れるようになってきたとはいえ、通常の放送がどのような感じかは、実際に見てみなければ分からないでしょう。ここでは、韓国のTVの特徴を書いてみます。

1.ドラマ編
(1) ドラマの間にCMがない(前後にあります)
(2) ドラマには、お金持ち家族と一般庶民家族が登場する
(3) 恋愛は、お金持ちと一般庶民の間で行われる
(4) 食事の場面のレイアウトはいつも同じである
(5) 携帯電話の使用頻度が多い(2,3分に1回は電話の場面か?)
(6) 偶然のすれ違い、偶然の鉢合わせの場面が多い
(7) 1つのドラマのなかで、恋愛は複数存在する

2.ニュース編
(1) 国営放送(KBS)の雰囲気は NHK に似ている
(2) NHK ではアナウンサー(男女2人)と解説者が対話しながら
  特定の話題を掘り下げるが、KBS でもまったく同じスタイル
  で放送している
(3) 海外の話題を取り上げるときは、日本、欧州、米国、中国の
  順であり、日本はやはり身近な国という印象である。
(4) 日本の総理大臣などの答弁についても、よく報道される。
  特に問題発言や、歴史認識の発言は。
(5) 天気予報は、北朝鮮も含めて報道されている。

3.CM編
(1) よく目にする日本企業のCMは公文学習である。
(2) 公文学習以外の日本企業のCMは、ほとんど見かけない。
(3) 国営放送(KBS)にもCMがある。
(4) CMのバリエーションが日本に比べると少ない

4.その他
(1) BGMによく日本の曲(NHKの朝ドラや西村由紀江など)が使われている
(2) 会場の観客が兵役中の男性だけという番組が存在する
(3) NHKでのど自慢をやっている同じ時間帯で、韓国もやっている
(4) 日本に比べてドラマが多い
(5) 有線放送でNHKも見ることができるが、海外向けに番組編成されている
このページのトップへ
1ヶ月も韓国料理ばかり食べていると、さすがに日本の食べ物が恋しくなってきます。具体的に何が食べたいということはないのだけど、とにかく「韓国料理以外が食べたい!」と強く思うようになりました。

しかし、周りは一般の食堂(=韓国料理店)ばかりです。そこで、自分でパスタを作ることにしようと意気込んで、駅前のスーパーに行きました。まず、パスタに使えそうなキノコがあるかどうか確認。一応、使えそうなものがありそうでした。ニンニクは韓国料理に不可欠な食材なので心配なし。不安だったのはオリーブオイルですが、油のコーナーに行くと「オリーブ油」と韓国語で書かれたものがありました。よしよし…、と思っていたら、何とパスタがないっ! いくら韓国人が韓国料理を愛しているからと言って、スーパーにパスタが売っていないとは予想していませんでした。

…と言う事で、その日の晩は、結局ラーメンとキンパ(韓国風海苔巻き)を食べたのでした。くやしい。ちなみに、アパートには日本から持ってきたジャワカレーの辛口が2箱、残っています。韓国のスーパーでは、カレーもあまりポピュラーではなく、ほんの数えるほど(1、2種類だったと思う)のレトルト・カレーが置いてあるだけでした。今度、もっと大きなスーパー(Eマート)に行ってみよう。

韓国に来て改めて思ったのは、日本の食生活はバラエティに富んでいるということでした。日本では日本料理はもちろん、中華、イタリアン、インド(カレー)、アメリカ(マクドナルド?)など、いろんな国の料理を日常的に食べることができますからね。最近は、韓国料理店も増えていますしね。
このページのトップへ
日本人が外来語としての英語単語を発音するときにはカタカナにマッピングして発音するため、平面的、ローマ字読み、子音の後には必ず母音が付くなど、悪い意味での特徴が出ます。韓国語にも、やはりハングルにマッピングするがゆえの特徴が出てきます。

1.Fの発音をPにマッピングする傾向がある
  coffee → 커피(コピ)
  flight → 플라이트(プライテゥ)

2.R/Lの発音を重ねる傾向がある
  film → 필름(ピルルム)
  classic → 클래식(クルレシッ)

3.音を伸ばすという概念が薄い
  coat → 코트(コテゥ)
  boots → 푸츠(ブツ)
このページのトップへ

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。