Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
今週、VTR付きのHDD+DVDを買いました。Panasonic の EX200V という機種。VTR付きの機種というと、その他の機能は低いものが多いのですが、この機種は HDD の容量を別にすると、全体的に最新の機能が採用してあります。

実際、HDDに録画して見ると、なかなか快適。本当は1TB欲しいなと思っていたのですが、何でもかんでも HDD に入れようとしなければ、これでいいかなという気もします。

今回の買い物で、欲しいものはなくなったかな。あとは、仕事をしなくても暮らしていけるだけのお金かな(笑)。
スポンサーサイト
このページのトップへ
私は米国式の資本主義を「搾取資本主義」と呼んだりしますが、ライブドアの経営は、品の悪い搾取資本主義のような感じがしますね。「悪の帝国」と言われていたマイクロソフトでさえ、ライブドアほどの拝金主義者ではありませんでした。ライブドアの手法は広義のデリバティブのような感じだけれど、手段(時価総額)?が目的と化してしまいましたね。ライブドアは「巨大な財テク好き人間の会社」でした。

ライブドアから切られた人たちは、率先してメディアにライブドアの問題(犯罪)をリークしていました。ほとんどのモノはお金で買えるけれど、人の心はお金では買えないということなのでしょう。

デリバティブによって存在していたライブドアから「お金」という投影装置がなくなったとき、そこに残るのは空虚感だけだったような気がします。
このページのトップへ
毎日世間をお騒がせしているライブドアですが、米国式資本主義の悪いところを集めたような感じになってしまっていますね。「企業は株主のもの」といった主張の行き着くところは、こんな所なのでしょうか。

よく「資本主義では企業は株主のものだ」と言われますが、私はそうだとは思いません。株主の持ち分は0%だとは言わないけれど、いつ、株を売り飛ばして利益確定するか分からないような株主が最優先されるという考え方は、やはりどこか間違っていると思います。 このページのトップへ
16日からライブドアの問題が世間だけでなく世界を騒がせていますが、この時期にこういった問題(強制捜査)や宮崎学の最高裁の判決が出ることになったのは、耐震強度の偽装問題と自民党(小泉政権?)の関係の問題を隠蔽するためのようですね。世間がライブドアや株価の問題に気をとられることで、耐震強度偽装問題と国土交通省や政治家との関係を忘れてほしいと考えているようです。

そう言えば、アメリカの同時多発テロも、米国が注目して欲しくない裁判所の判決が行われる前日に起きました。これもブッシュの入れ知恵なのでしょうか?
このページのトップへ
昨日、PRONT の前を通ったら「珈琲ぜんざい」というのを目にしました。飲むべきか、飲まざるべきか悩みましたが、¥280 ということで、試してみました。

期待と不安が入り混じった状況で飲んでみると、思ったよりも「普通」でした。たぶん、普通にドリップした珈琲に、単にインスタントのぜんざいを入れただけだと思います。

ぜんざいの小豆が甘味料だと思えば、ごく自然な組み合わせ。このメニューを思いついた人は、ちょっと冒険するつもりだったかも知れませんが、意外に普通の結果でした。 このページのトップへ
年が明けて、為替は若干の円高で始まったようです。こういう場合は、みなさん、どのような方法で取引なさるのでしょうね。私は(少なくとも1年は)一貫して自分が決めたルールで取引をしようと思っています。

以下、私のFX観です。

1.手数料(含スプレッド)およびスワップがなければゼロサムゲーム
ある人が、110円でドルを買い、115円で利益確定したなら、必ずその逆の取引をして損した人がいるはずです。為替差益で利益を上げるということは、「勝率50%-α(手数料分)」の勝負でトータル金額換算で勝ち続けるということ。それはかなり難しく、常に相場と対峙しなければ難しいでしょう。

2.利益を上げられるかどうかは確率論
数回のトレードで利益を上げることは、運と集中力で可能かも知れませんが、それを何年も続けるのは私には難しいように思います。よって、私は過去のデータを元にして確率で利益を予想し、ポジションを持つようにしています。

3.自分なりの運用ルールが決め手
誰もが「いつ買うか(売るか)」の情報を探し回りたい気持ちにかられますが、それでもなお、自分なりの運用ルールを確立することが重要なように思います。私は、世間ではあまり評判のよくない(笑)スワップ狙いをベースにしたポジションを取っています。

4.買い方を買えずルールを変える
私もスワップ狙いの方法が永久に有効だとは思っていません。円の金利が NZ$ の金利を上回る時が来るとすれば、財政破綻で混乱状態に陥った時だと思っています。その時は、私自身のルールを変えるでしょう。あるいは、緊急事態ということで、ほとんどを一気に確定させてしまうかも知れません。その時は、その時ですね。
このページのトップへ

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

12月 « 2006年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。