Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
All About のホームページを散策していたら、年金資金運用基金のページにたどりつきました。ここを見ると、アセットアロケーションや過去の運用状況が見て取れます。ちなみに、平成17年6月末現在のアセットアロケーションは以下のとおりで、良くも悪くも手堅い内容です。

国内債権:54.39%
国内株式:21.12%
外国債券:10.15%
外国株式:14.34%
短期資産:00.01%

一方、リターンは次のとおり。

平成13年度:-2.48%
平成14年度:-8.46%
平成15年度:12.48%
平成16年度: 4.60%
平均:1.535%

平成15年度は調子良かったものの、その前の2年が悪すぎましたね。普通預金よりはいいものの、これではねぇという運用成績です。今の時期、国内債権はあまり持つべきではありませんね。とは言え、国債を消化しなければならないので、そうも言っていられないのかな。
スポンサーサイト
このページのトップへ
資産運用のパフォーマンス8割前後は、アセットアロケーションによって決まると言われています。普通は、国内の株式と債権、海外の株式と債権の4種類の資産をどのような比率で分配するかを考えます。資産が多い人は、これ以外に不動産や金なども含めてバランスを考える訳です。

ところで、私は色々な資産に分散していますが、世の中一般で語られているような綺麗な?!アセットアロケーションにはなっていません。金融資産に占める割合が最も大きいのはFXで全体の2割です。次に多いのがほったらかしの日本株の投資信託(変額年金を含む)。その次が純金積立で、その次が現在大幅な含み損をかかえて目減りした(泣)金の先物となっています。

リターンを最大にするには、全部をFXにしてしまうのがいいのですが、それだとリスクが高いし精神衛生上もよくないので、そこそこバランスの取れたアセットアロケーションにできないかなぁと、最近、円グラフとにらめっこをしています。

FXは外貨なので、位置づけとしては外国債券に近いのかなと思っています。ただFXはレバレッジがかかっていますので、金融資産の2割と言っても気分は金融資産の15割(150%)という気分です。FXの年利を33.3%と仮定して資産の25%をFXとし、残りの資産を適当に分配して理論値を出すと、トータルで年利11.12%と出ました。11.12%のうちFXが8.33%なので、利益の4分の3をFXで稼ぐ計算になります。ちなみに、今日現在のアセットアロケーションで年利の理論値を出してみると、9.96%となりました。理論値の算出にあたっては、利回りを次のように仮定しています。

 国内株式:6.5%
 国内債権:4.0%
 外国株式:7.0%
 外国債権:4.5%
 金:4.0%
 その他:3.0%
 円:0.1%

福井総裁が入っていた村上ファンドが年利16%ですから、年利11%という数字は悪くありません。もっかの悩みは、金の先物。最近は金のボラティリティが大きくなりすぎて、1ヶ月の変動でも、金融資産全体に大きなインパクトを与えてしまいます。これからインドが婚礼のシーズンになるので、金の値段が戻ったところでポジションを縮小しようかなと思案中です。
このページのトップへ
先月、先々月と絶好調だった投資ですが、今月はひと休みと言うか、一歩後退といった状況です。

まず、為替が円高に動きました。これは円高に動いたと言うよりは、これまでの円安に対するゆり戻しと言ったほうが良いかもしれません。特に、欧州通貨高がずっと続いてユーロは一時150円をつけてしまいました。この辺りで少しでも売れば良かったのかも知れませんが、売りの指値注文(決済注文)は一切、入れていなかったので、何も変わっていません。一方、買いの指値注文はたくさん入れていますが、低い金額で出しているので、こちらもかからず。

私はスワップで稼ぐ戦略でいますので、ポジションが増えない限り、毎日の金利収入は増えません。ポジションがあと5倍あれば、会社をやめても生活できるかも知れませんが、全然、ポジションが増えていませんね。G7で為替が大きく円高になった時は、ちょっと買ってみたいと思っていますが、思い通りに動いてくれなければ、結局、買いそびてしまうのかなぁ。

いっそのこと、昨年みたいに毎月、一定金額で買い増しするのがいいのかな。どうかな。

そうそう。金もここ2日くらいで大きく下げてしまいました。いずれは上がるはずですが(と信じています)、早く上がってくれないかなぁ。
このページのトップへ
節約主婦の丸山晴美さんが、外為どっとコムで「ゆっくりいこう 無理せず楽しむスローFX」というブログを開設されました。いきなりハイ・ペースで(記事が)進んでいるようですが、メッセージを書くのは苦ではないようです。コメントが書けないのが残念ですが、下手にコメントを受け付けると疲れてしまうので、この方が長続きするかも知れませんね。

資金100万円でスタートしたみたいですが、思い通りにいかず、最初から苦戦しているようです。ただ、ここ1週間ほどの動きは慣れている人でも難しい状況だと思うので、あまり悲観することはないでしょう。慣れるまではと言うか、FXとは何かが本当の意味で理解できるまでは、あまり大きな単位で取引しない方が良いでしょうね。

同じ外為どっとコムでブログを開設しているサンプラザ中野さんは大苦戦しているようですが、丸山さんの戦果はいかに?
このページのトップへ
Microsoft Maxという画像中心のファイル交換ソフト?のβ版が公開されているというので、インストールしてみました。使ってみて「うーん」という感じ。Internet Explorer のβ版もそうなのですが、何だか最近のマイクロソフトの操作性に関するデザイン・センスは、とても悪くなったなぁという感じがします。とにかく、直感に従わない動作をします。一見、見栄えは良いのですが、ユーザ・インタフェースに関するアーキテクチャが良くありません。

これはいったい、どうしたのでしょうね。ビル・ゲイツがマイクロソフトを退いて、慈善事業に注力するようになりつつある弊害なのでしょうか。とは言え、いくらなんでもビル・ゲイツが何から何までチェックしていたのではないでしょうし。

なんとなく、Windows Vista のユーザインタフェースも、心配になって来ましたね。
このページのトップへ
古いPCが壊れたため新しいPCに乗り換えましたが、これを機会に家庭内でファイルを共有するサーバ(NAS サーバ)を購入しました。サーバーと言っても、LANにHDDを接続するだけのものです。これだけで、即、ファイル・サーバのような感じで使えます。うちは、勉強部屋とリビングに、それぞれデスクトップとノートがありますが、どちらからも家計簿(Excelファイル)や、BLOG に書くメッセージのファイルが共有できるようになって、便利になりました。

おまけ機能として、このHDD経由でUSBプリンタが使えます。なぜなら、見た目はHDDでも一応「サーバ」なので、このようなことができるのだと思います。プリンタの完全な制御(たとえばインクの残量確認)ができなかったり、印刷開始までの時間がかかったりといった問題はありますが、これまで、いちいちUSB接続しなければ使えなかったサブのプリンタが有効活用できそうです。

でも、ずっとHDDを動かしていることになるので、耐久性がちょっと心配ではあります。そういう時のために2台購入すればいいのかも知れませんが、そこまで費用を出す気にはなれないなぁ。もっとも、今もっている金が数円上がればいいだけの話かもしれませんが (^^;

このHDD、アクセスがない場合は省電力モード(HDDの回転とファンが止まる)になり、何分アクセスがないと止まるかも設定可能です。電力はともかく、頻繁に(よく言えばこまめに)on/off するのとしないのとでは、寿命としてはどちらが良いのでしょうね。
このページのトップへ

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

08月 « 2006年09月 » 10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。