Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
今日は円高です。原因は何でしょう。株が下がったことによる、海外資産の売却(つまり外貨売りの円買い)かな?

今日1日でかなり下がったので、外貨資産の多い私の資産も、かなり下がりました。1日で1か月分の給料以上 (^^;
でも、この1ヶ月で見れば損をした訳じゃないので、まぁ、いいかという感じです。一方的に円安が続いても困りますからね。とは言え、一度「今月はこれだけ含み益が増えたぞ」と思っているところでドンと下がるのは、気分的にあまり良いものではありません。

でも、こういった状況を冷静に見ていられるようでないと、長期投資は出来ませんからね。
スポンサーサイト
このページのトップへ
以前から「何とかならないかなぁ」と思っていたのが、マネックス・ユニバーシティの内藤忍氏のブログでした。と言っても、氏のメッセージに問題がある訳ではなく、メッセージのコメントとして、よくもまぁ、毎日これだけネチネチと書けるものだと思うほどしつこく、氏を誹謗するコメントが書かれていました。

誹謗コメントの背景には、ライブドア株の担保問題があったようですが、彼がどれだけ直接、問題に関係していたのかは私にも分かりません。ただ、氏の投資スタイルからすると、ライブドア株を担保にレバレッジをかけるといったことを推奨してはいなかったでしょうね。

で、今日ブログを見てみると、毎日見かけていた誹謗・中傷のコメントがありません。と言うか、メッセージを書けなくしてしまったのですね。これは不本意な対策だったかも知れませんが、正解ですね。

ところで、今日、Amazon に予約していた氏の著書の『外貨投資編』が届きました。なかなか盛りだくさんで、読み通すというよりは、辞書的に使う本と言えるかも知れません。それにしても、結構、情報を詰め込みましたね…というか、よく調べましたね。私はFXをやっているのですが、FXについてもなかなかポイントを押さえた記述になっていて、感心しました。氏は、それほどFXについては深入りしていないと思っていたので、ちょっと驚きでした。やはり、教育現場で仕事をしている強みなのかも知れませんね。

日銀によると、日本の金融資産のうち投信なども含めた外貨への投資は2.6%にすぎないとのこと。私はもう少し多いと思っていましたが、こんなに少なかったのですね。私などは、60%が外貨資産です。FXはレバレッジがかかっているので、それをほどくと150%が外貨になってしまいます。普通の人に比べると、日本の資産(株式、債券)が少ないですが、日本の株式や債券は自分の年金のポートフォリオに入っているし(と言っても、社会保険庁は信用できませんが)、日本の不動産という意味ではマンションを所有しているので、日本のREITを買う必要はないと考えています。

ということで、私の金融資産のかなりの割合が外貨になっています。金(Gold)もあるけど、これはある意味、世界共通通貨なので、ほとんど外貨と考えてもいいかな。
このページのトップへ
2007.7.2号のPRESIDENTに、「4世帯に1世帯が貯金ゼロ」とありました。最近よく耳にする「格差社会」を考えればそうなのかと思うかもしれませんが、年収1,000万円以上の世帯でも、少なからず貯金ゼロの家庭が存在しています。具体的に言うと、年収750~1,000万未満で11.3%、1,000~1,200万で6.8%、1,200万以上で9.3%です。PRESIDENTによると、年収1,000万を超えると「自分は他の人とは違うんだ」という意識になり、お金を使うライフスタイルになるのだとか。

三大出費は、住宅ローン、車、教育費ですね。私の場合は住宅ローンがあります。頭金は2割ほど出していますが、35年でローンを組んだので、まだまだ先が長いですね。しかし、借りた先は住宅金融公庫のみで、一般融資:2%&4%(10年目以降)と、特別融資3.05%&4.0%と、悪くはありません。しかも今、民間の金融機関への借り換え手続き中で、2.3%&3.3%になる予定。最初の10年の金利は0.3%上がりますが、今のままだと後3年で4.0%に上がるので、実質的にはお得。計算すると、300万円以上の節約になります。

あと、うちには車がないですね。車はお金を食うし、車を持つというライフスタイル自体がさらにお金を食うし、都心では自信を持って運転できないし… (^^; ということで、いざという時はタクシーを使っています。好きなだけタクシーに乗っても、車を所有するよりは安くつきます。

残る問題は教育費ですね。実は最近、子供が生まれました。子供1人に2,000万かかるという話もあるので、頭の痛い所です。で、兄弟親戚からいただいたお祝いをファンドに入れました。ささやかな額ですが、年利10%で回れば成人する頃には100万を優に超えます。「年利10%なんて無理だよ」とおっしゃる方もいると思いますが、購入してたった1週間で3.1%の利益。まぁ、ファンドは上がったり下がったりですが、とてもいいスタートですね。

最近は円安続きで、投資の方は絶好調です。でも、絶好調が続くのも良し悪しと思っています。調子が良すぎると「私は天才だ」なんて思い上がったりしますからね。それに、永遠に円安が続くという訳ではないでしょうしね。

そういう訳で、たとえ投資で儲かっていても、生活レベルは上げないようにしています。
このページのトップへ
明日から外為どっとコムで南アフリカ・ランドの取引が開始になります。

南アランドは高金利ということで期待していたのですが、計算してみると、投資効率は必ずしも良いとは言えないような気がしますね。今日現在の南アランドのレートとスワップは次の通り。

1南アランド=17.26円
1万通貨当たりのスワップ=39円
年利=39 × 365 ÷ (17.26 × 10,000) = 0.0824 = 8.24%

しかし、1万通貨当たりの証拠金は\20,000です。NZDは\40,000ですが、スワップは185円得られます。\40,000だと南アランドが2万通貨買えますが、得られるスワップは39×2=78円なので、NZDの方が上。

年利は南アランドの方が上ですが、証拠金が多めに必要なので、こういった逆転現象が起きてしまうようです。証拠金が多めになっている理由は、南アランドのボラティリティが大きいためなのでしょうか。

と言うことで、南アランドの購入はしばらく様子見ですね。
このページのトップへ
Amazon が年会費 \3,900 で送料無料、首都圏なら一両日での配達も無料というサービスを始めました。ちょっと高いかな?と思いましたが、1ヶ月当たりの料金を計算してみると325円なので、登録しました。

配達料金を気にしなくていいというのは楽ですね。でも、今まで以上に買い物をしてしまいそう(笑)。これまでは「読みたい本が\1,500円分たまるまで待とう」なんて思うこともあったのですが、待つ必要がなくなってしまいました。
このページのトップへ
韓国から帰国してやっと会社に復帰しました。おそらく、一生で最長の「休暇」でしょうね。

ところで、今年の投資も好調です。昨年、一昨年と全金融資産に対する年利が20%を超えたのですが、大波乱がなければ今年も20%を超えそうです。今日現在、15.45%なので、このままリニアに利益が上がると仮定した場合、年利35%という驚異的なパフォーマンスになってしまいそうです。ジョージ・ソロスもびっくりですね。

まぁ、世の中にはこれよりももっと好成績を上げている方がいらっしゃいますが、全投資家の平均は、そんなにいいものではありませんよね、きっと。

とは言え、この高パフォーマンスは円安とFXのレバレッジによる所が大きいので、手放しで喜べるといった感じではありません。理想的には、いろんな金融商品からバランスよく利益を上げられるのがベストなのですが。それでも、日本株のインデックスが10%、外国株式ファンドが18%、金が18%(いずれも年利換算ベース)なので、決して悪くはありません。そう言えば、オルタナティブは今週下がって-5%だけど、始めて間もないから、評価はこれからかな。

私の投資は、相変わらずアセットアロケーション重視の戦略です。リターンを取りに行くと言うよりは、分散によってリスクをコントロールし、リターンに比べてコスト(手数料)の大きい商品はなるべく買わないようにするといったやり方をしています。また、あまりにも低リスク低リターンの商品は手放してしまったりしています。

基本に忠実にやれば、FXのようなデリバティブを使わなくても、年利10%近くは出そうですね。
このページのトップへ

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

05月 « 2007年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。