Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
今週の市場はまるで、台風が過ぎ去ったかのような感じでしたね。私が持っているポジションも、派手にやられました。

とは言いつつも、混乱の規模の割には許容できる範囲の被害で終わったような気がします。以下、年利換算の現状。

FX:-0.53%
国内株:-12.34%
外国株:+1.01%
金:-1.64%
海外RAIT:-22.79%
全体平均:-4.23%

FXはレバレッジをかけているので、下手をすると大幅なマイナスとか強制退場になっていてもおかしくはないところですが、なんとか持ちこたえられました。来週も「余震」があるかも知れないので、AUD と NZD を若干、削りましたが(損切りではなく利益確定)。

来週は株価も為替も好転すると見てはいますが、市場が誤った動きをする場合もあるので、しばらくは用心しなければなりませんね。
スポンサーサイト
このページのトップへ
巷では株安円高で大賑わい?ですが、今日、社会保険庁から年金記録をインターネットで照会するためのユーザIDとパスワードが届きました。

私は転職をしていないとは言え、社名が変わったり、グループ企業に出向したり戻ったりと、何度か会社の名前が変わっているので、ちょっと心配でした。で、結果はというと、大卒で入社してから今日まで、一本で管理されていました。これで一安心。

照会の仕方は、All About のこのページに説明があるので、心配な方は、やってみてはいかがでしょうか。ただし、自分の「基礎年金番号」が分からなければならないので、会社の給与課のような部署にたずねるか、最寄りの社会保険事務所へ出向く必要があります。

サラリーマンの人はちょっと面倒ですが、暇を見て調べてみてはいかがでしょうか。なお、ユーザIDとパスワードが届くまで、2週間以上かかる場合もありますので、申請したら、気長に待ってください。
このページのトップへ
サブプライム問題は、さまざまな方面に影響を撒き散らしていますね。おかげで、為替も大きく円高になってしまいました。

ここで、各国の通貨のボラティリティを見る意味で、直近の最高値と今日までの最安値を元に、下落率を出してみました。

USD 6.07%
CAD 8.53%
EUR 7.00%
GBP 7.36%
AUD 11.13%
NZD 14.93%

こうやってみると、USD < EUR < GBP < CAD < AUD < NZD という順になっていますね。これは、経済規模の逆順と言っても良いかと思います。経済規模が小さい市場ほど、資金流出の影響が大きいため、ボラティリティも上がるのでしょう。

上の下落率をボラティリティと仮定して、各通貨の年利を下落率で割り、シャープレシオもどきを算出すると、次のようになりました。

USD 0.77
CAD 0.45
EUR 0.46
GBP 0.69
AUD 0.44
NZD 0.42

これを見ると、USD 次いで GBP がいいですね。私が好きなオセアニア通貨はよくありません (^^;
よく、入門用は USD だ、なんて言われますが、シャープレシオで考えると、確かにそうかも知れませんね。
このページのトップへ
3月の世界同時株安以来、「信用収縮が起こったら、そのときに買おう」と思っていたのですが、今回もやはり好機を逃してしまいました。

最近、行ったポジション調整は次のとおりです。

 ① 手数料が割高な変額年金を解約 ⇒ 良質なバリュー系ファンド(海外/国内)に
 ② 少し円高になった所で、くりっく365に少し投入

①は、単に手数料の節約とファンドのパフォーマンス改善という観点から見れば、良い対応なのですが、買う時に、もう少し時間の分散をしていれば、安く買えたのになぁと思いました。山崎元氏の「購入の分散は気休めにすぎない」という言葉を思い出して、ポンポン買ってしまったのですが、自分なりにもう少し考えればよかったと思います。

②は、将来のことを考えて、徐々にくりっく365にポジションを移そうということで始めました。少し円高になって来た所で購入したのですが、ここまで円高が続くとは想定していませんでした。

USD 119.5(悪くはないけど、良くはないよね)
EUR 162.0(この辺で踏ん張って欲しかった)
AUD 104.0(あせりすぎ)
NZD 88.70(もう少し我慢すれば…)

資金が豊富にあれば、もっとポジションを増やしたいところですが、あまりリスクは高めたくないし、待てば果報の日よりありではないけど、スワップがたまってくるでしょうから、我慢することにしましょう。

意気消沈しているのは、このブログを読んでいる方だけではなく、世界中の投資家のようですから、みなさん、ここは踏ん張りましょう。
このページのトップへ
先日、「年利22.7%の位置にいます」なんて書いてしまいましたが、何と、計算間違いでしたーっ! 正しくは年利14%でした~ (~_~;) 先月、子供のために買った英会話教材の支払いが計算にのらないまま、年利を出していました。これがファンドマネージャだったら、冷や汗ものです。

ということで、サブプライム・ローンの問題がクリアできないと、年利20%ペースには戻りません。先進国中央銀行総裁のみなさん、よろしくお願いします m(__)m
このページのトップへ
1ヶ月ほど前まで投資は好調だったのですが、サブプライム・ローンとやら(笑)の問題で、一気にパフォーマンスが低下してしまいました。

先月の成績は大幅なマイナス。今月も先月ほどではないけれど、今日現在、マイナスです。ただ、ボラティリティが大きいので、月間でプラスだったり、マイナスだったり。まるで日替わり定食です。

最近のボラティリティの上昇は、まるで投資の世界の温暖化現象のようですね。市場に入ってくる資金量が多すぎるため、ボラティリティが増幅されているような印象です。

私のこれまでのトータルの成績(FX、ファンド、金、普通預金ぜんぶ込み)はというと、年初から現在までで13%。年利換算で22.7%という位置にいます。一時は年利換算で40%という、最盛期のマゼランファンド並?でしたが、結局、昨年、一昨年並の成績に収束して行くのでしょうかね。それでも3年連続して20%というと、なかなか立派な成績だと思います。

いつも「信用収縮が起きて円高、株安になったらポジションを増やそう」と思っているのですが、いつもタイミングを逃してしまうようです。今回も、ちょっと逃してしまいましたね。
このページのトップへ

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

07月 « 2007年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。