Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
マネックス・ユニバーシティに寄せられた「ポートフォリオの国内/海外比率」に関する質問に対して、内藤忍氏が回答していました。彼は橘玲氏の意見(国内で収入を得ているのだから国内の資産はなくてもよい)を引用しながらも、自分が為替などのリスクに耐えられるかどうかが重要だと説いていました。

なるほど、内藤氏の回答は(お世辞ではなく)模範解答ですね。私もそう思います。私の場合は、外債の部分がFXになっておりレバレッジがかかっているので、普通よりもさらに為替リスクが大きいです。でも、適切にリスクをコントロールしておけば、まぁ、耐えられるレベルにはありますね。

一般に「耐えられないケース」というのはどういうケースかと言うと、以下のようなケースでしょうか。

 (1) レバレッジをかけた取引でロスカットになった場合
 (2) 含み損が大きくなり精神的に耐えられない場合
 (3) 自分の収入ではとてもリカバリできないほど損失が大きくなった場合

私は今回のサブプライム問題で、一時は年初からのドローダウンが年収の7割ほどにまでなってしまいました。しかし、それでも仕事の方は無難に続けられたので、以前に比べると精神的に強くなったなぁと思います。まだ年初の状態に比べればマイナスですが、それでも年初からのドローダウンがマイナス13%程度にまで回復してきたので、気持ちも明るくなって来ました。

話は前に戻って、ポートフォリオの国内/海外比率を考えるとき、公的年金のこのも考慮に入れたほうが良いと思います。現在の公的年金のポートフォリオは、

 国内債権:57.56%
 国内株式:17.88%
 外国債券:10.63%
 外国株式:13.93%

となっています。ということは、今、自分の手元になくても大量の国債と、いくらかの国内株式、外国債券、外国株式を所有しているということになります。これらを考慮に入れた上で、自分自ら運用するポートフォリオを考えるべきです。であれば、後ろの3つの資産は別として、日本国債は持たなくてもいいということになりますね。

日本の公的年金は非常に保守的(言い方を変えれば古い)ポートフォリオなので、もう少し考えてもいいのではと思います。たとえば、適当に考えても

 国内債権:40%
 国内株式:10%
 海外株式(先進国):20%
 海外株式(新興国):5%
 海外債権:15%
 REIT:5%
 コモディティ:5%

くらいの案は浮かびます。そうでなくても年金が足りないと言っているのですから、世界一金利の低い債権に6割も割かなくても良いのではと思いますね。
スポンサーサイト
このページのトップへ
最近、ETF を推奨する本が増えてきましたね。投資家の立場に立って考えれば、
当然の結果ではあります。そういう意味では、「投資はどうあるべきか」の結論
は出ているのですが、出ていてもやはり「投資を勉強したい」という気持ちは
なかなか、なくなりません。投資が好きな人は「結論を得る」ことよりも、
「結論を追い求める過程」が好きなのかも知れません。

最近は、米ドル安ということもあり、米国の製造業が若干、息を吹き返している
ような感じ(なのでしょうか?)。そうすると、製造した製品を買ってくれる
国というのが必要になるわけですが、米国は日本がその国になって欲しいと思っ
ているのでしょうかね(「増田俊男氏の読み」を私が読むと)。でも、日本人が
米国製の工業製品を、そんなに買うでしょうか。少なくとも、米国車が欧州車ほ
ど売れるとは思えません。米国車は欧州車に比べて「気品」がありませんよね。
日本人が購入する米国産の「モノ」と言うと、農産物とソフトウェアと飛行機で
しょうか。

ところで、昨日 Amazon で

  『月光!マネー学』 田村正之著

という本を買いました。日経マネーの副編集長をやっていた方で、なかなか広範
囲な話題が書かれていました。後ろの方は、投資家にとってはあまり興味がない
(けれど、重要な)税金や控除に関する記述がありました。投資家は、リターン
については目を皿のようにして探すのですが(笑)、税金に関しては「面倒だ」
ということで、投げ出してしまいがちです。まぁ、厚生労働省や社会保険庁は、
国民が得をする(国が損をする)ようなことは、わざと分かりにくくしている
(あるいは、宣伝していない)ので、得をする機会の存在そのものに気づきま
せん。高額医療費で悩んでいる方は、ちゃんと調べてみるといいですよ。
このページのトップへ
ホームバイアスというのは、たとえば日本人であればポートフォリオのうち、
日本株や日本債権の占める割合が高くなる傾向にあることを言います。何も
考えないと、確かにそういう傾向が強いと言えますね。これは日本人に限っ
たことではなく、米国でも韓国でもフランスでも同じです。

ホームバイアスを擁護する意見としては、

  自国の事情のほうがよく分かるから
  結局、自国の通貨(日本人なら円)で使うのだから、
  その通貨で運用するのが自然

と言ったものが挙げられます。確かに、これらの意見には一理あります。
ただ、売買コストが無視できるとしたら、どうでしょうか。必ずしも自国の
金融商品で運用しなくても良いのではないでしょうか。

たとえば、自分が韓国人だったら、あるいはシンガポール人だったら、ある
いは米国人だったら、日本株の比率をどのくらいにするでしょうか? 韓国
人であれば、愛国心もあるでしょうし、KOSDAC の伸びも悪くないでしょう
から、まぁまぁの割合を韓国株に割きそうです。シンガポール人は国際人
でしょうから(というイメージなのですが)、自国に偏りすぎることなく、
割と均整の取れたポートフォリオになるかも知れません。米国人は、「世界
の中心は米国だ」と思っていますから、自国の比率がかなり高くなりそうです。

こんな風に考えると、どこの国の人かによって、日本株の比率は大きく変わっ
てきそうです。そうであれば、日本株の比率の妥当な線は、GDP の占める割合
とか、株式市場の時価総額に対する日本の株式市場の割合になりそうです。
そう考えると、株式の中の10%が日本株の比率という結果になります。

ポートフォリオ全体で考えると、株式以外にも外国債券や国内債権(たいした
金利は付きませんが)、オルタナティブがありますから、ポートフォリオ全体
に対する日本株の比率は数%程度になってしまいます。ちょっと淋しい感じも
しますけどね。

ちなみに今の私の比率は、株式の中ではちょうど3分の1です。ポートフォリオ
全体に対する比率は11.3%でした。最近、これを5%程度に下げていこうかなと
思い始めているのですが、増田俊男氏が「これから日本株は上がる」と言って
いるかと思えば、大前研一氏は「投資先として有望とはいいがたい」と言って
いたりして、なかなか迷うところです。ただ、現時点での株価は、世界的に見
ても割高水準になって来ているそうなので、徐々に売る(減らしていく)のが
いいのかな、とも思ったりしています。
このページのトップへ
タクシーによく搭載している iD。我が家はタクシーを比較的利用
する方なので、iD をサポートしているクレジットカードを入手し
ようと Life カードを申請したのだけれど、どうやら Docomo の
携帯の所有者でないとダメらしい…。

iD は、元々 NTT ドコモが Docomo 携帯専用として始めたのだけど
現在ではカード一体型のiD(つまり Docomo ケータイがなくても
よい)も出ているそうです。でも、この点がどうなのかの説明を
ストレートに書いてくれないと、非常にまぎわらしくて、後で
「なんだぁ、違ったのか。もぅ」という感じになってしまいます。

最近、長年使ってきた YAMAHA のメンバーズカードを解約して
しまいました。理由は、銀座店で購入しないとダメということと
銀座になかなか行けなくなったこと。あと、年会費が必要なこと。
結局、もったいないので解約してしまいました。CD が買いたい
場合は、Amazon で買えるし…。


解約と言えば、銀行の口座。今、ちょっと考えているのが
CITIBANK とソニー銀行。前者は外貨預金の時代にお世話になり
ました。しかし、今は FX に全面的に移行してしまったので、
残っているのは日本株のインデックスファンドと外貨としての?
円預金のみ。

その後、為替手数料の安いソニー銀行が現れたので、後半の外貨
預金は、ソニー銀行に入れていました。あと、ファンドもいろいろ
買ったかな。外貨預金はすべて解約したけど、ファンドはほとんど
残っています。しかし、ファンドは今、ETF にシフト中のため、
ソニー銀行も使わなくなりそうです。


結局、私が使用する銀行は、給与振込の三菱東京UFJと、住宅ローン
を借りている地銀のみになるのかな。カードは、p-one と amazon
と IY カード、あと、最近、入手したビックカメラSuicaに集約され
そうです。

#ビックカメラSuicaで、通勤費にもポイントがつくぞ!
このページのトップへ
最近、ETF による分散投資へ移行することに決めたのですが、
これまで良くも悪くも、いろんな投資信託に分散して来たので、
移行にかなり時間がかかりそうです。

ちなみに投資信託の数は、国内株5本、海外株11本。中には
CITIBANK に入れているものもあったりするので、CITIBANK の
口座はどうしようかな(解約しようかな?)と思ったりも。
CITIBANK は外貨20万もしくはその他50万ないと、口座維持
手数料を2,100円も取られてしまいます。

現在の投資信託を一気に解約して、一気に ETF を購入するという
思い切った手もあるのですが、「手続き中に株価が急上昇したら
どうしよう」なんて心配もあったり。ちょっとセコイ気もしますが
最近はボラティリティが高いので、あまり馬鹿に出来ませんしね。

しかし、ETF への切り替えは、東京証券取引所ではお目当ての ETF
を扱っていないので、楽天証券に資金を転送し、さらにドルに交換
してから ETF を購入しなければならないという、結構、面倒くさい
手続きが必要です。気長に待っていれば、そのうち東証に ETF が
上場される可能性もあるのですが、何がいつ上場されるかのマイル
ストーンが発表されている訳ではないですし、待っている間にも
投資信託からは手数料という名のお金が蝕まれていく… (^^;

早く、東証で簡単に世界の ETF が取引できる日が来るといいな。
そんな時代になったら、もったいぶった業者に高い仲介量を払って
スイスのプライベートバンクにお金を預ける必要もなくなりますね。
もっとも、私はプライベートバンクに収めるほどの大金は持って
おりませんが。

予断ですが、近々、マネックス証券でも ETF を真面目に扱うように
なるそうです。
このページのトップへ

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

04月 « 2008年05月 » 06月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。