Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
今は未曾有の経済危機で、日本もマイナス成長ということです。マイナス成長という事は、GDPの伸びがマイナスと言うことです。当たり前ですね。これをプラスにすれば、良いわけです。たとえば、行政の無駄な部分を省いてはどうでしょうか。

1.国民年金の徴収業務をなくし、全部、消費税にする
消費税に上乗せして保険料を徴収すれば、社会保険庁が保険料を徴収するためのコストはゼロで済みます。合わせて、お役所の職員が保険料を横領するという不祥事も撲滅できます。その分、保険料は安くなるはずです。めでたし、めでたし。で、それまで、本来ならやらなくてもいい仕事をしていた方たちが、本当に「生産的な仕事」に就けば、日本のGDPは上がるのでは?

2.投資関連の税率を一律10%くらいにする
いろんな例外を設けるから、計算が面倒なのです。一律10%にすれば、計算で頭を悩ます必要は一切なし。小学生だって計算できます。時間が節約できた分、日本のGDPを上げるために、エネルギーを使いましょう。

3.定期的な人事異動をなくす
業務の切れ目に一切関係なく、お役所は人事異動をします。これは非常に無駄ですし、馬鹿げています。一般企業であれば、こんなことはしません。特定の人が長期間、権力を持つのはよろしくないという大義名分があるみたいですが、そもそも、役人は性悪説で管理しなければならないほど、モラルの低い人たちの集団なのでしょうか。

4.口先だけの処分はやめる
厳重注意とか訓告とか。聞いていてあきれます。結局、悪いことをしても、口頭で注意するだけなんでしょ。本当に悪いことをした人は、解雇すべきです。

5.官僚の再就職あっせんをやめる
なんで税金を使って、官僚専用の斡旋をやっているのでしょうか。ハローワークに行って下さい。

6.国民にIDを付ける
誰かの「国民総背番号制」というキーワードによって、あたかも国が国民の財産を狙うような印象を与えていますが(まぁ、疑うのも無理はありませんが)、これはよく考え直す必要があります。コンピュータの時代に、国民にIDが振られていないというのは時代錯誤です。IDがないために、どれだけ行政に無駄な人件費がつぎ込まれているか、考えてみましょう。コンピュータなら一瞬でできることを、ものすごい人件費をかけて確認・付き合わせをやっているのですよ。韓国などは、とっくに国民にIDを振って、行政が効率よくできるようにしています。不正入国も、これでチェックしやすくなります。年金問題だって、国民にIDが振られていれば、起きなかったのです。それを「年金得別便」ということでお金をかけて、さらにコールセンターのお姉さんにも、多額のアルバイト代を払って。何て無駄なことをしているのでしょう。

7.レベルの低い大学をなくす
今は少子化の時代です。大学が多すぎるから、レベルが下がるのです。大学で高校の補修をやっている所もあるようですが、もしそうであれば、その大学の存在意義は、どこにあるのでしょうか。大学のレベルが下がるから、国民全体のレベルが下がるのです。国民のレベルが下がるから、政治家のレベルが下がるのです。あまりにも低いレベルの大学は、廃校にしましょう。そうすれば国民のレベルは上がり、GDPもいずれ上がります。そうしないから、シンガポールにGDPで抜かれてしまうのです。

8.官僚に規制の法令を作らせない
官僚は規制をかけるための法令が大好きです。「許可を与える特権」というのが欲しいのでしょう。許可を与える権力を持っていたからって、あなたたち個人が偉いわけでも何でもありませんからね。役所を辞めれば、誰も相手にはしてくれません。変な規制をかけて日本の首をしめるのは止めてください。薬のネット販売に規制をかけようとしている厚生労働省や、消費者庁という規制の塊のような省庁は、見直すべきです。国民として、本当に頭にきます。

9.特殊法人に独立採算制を
特殊法人って、何をやっているのでしょうね。たいして役に立つことをしているとは思えません。本当に役に立つこと、価値を生み出すことをやっているのであれば、独立採算制にしてください。一般会計に比べて、特別会計は金額は3倍くらいが多いし、ホントにあやしい人たち。

以上のような感じで、本来、やらなくても良い価値のない仕事を廃止し、ちゃんと教育をやり直せば、日本のGDPはきっと上向くことでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

このページのトップへ
3月いっぱいでベネッセチャンネルがなくなるので、その代わりになるものがないかなぁと探しているのですが、なかなか見つかりません。

まず、ケーブルTVという観点で探してみました。そもそも、うちの地域(江東区)には、ケーブルTVが何社あるのかと言うところから調べてみました。結果は、うちの地域は、どうやら1社しかないということ。他の地域でも、複数のケーブルTV会社が選べる地域というのは、あるのかないのか分からないという状況です。区単位で言えば複数あっても、地域が分かれている場合もあるので、必ずしも複数の選択肢があるという訳ではなさそう。

私は今、au の TV サービスで視聴しています。これは通常のケーブルTVと媒体(線)が違うので、インターネットを媒体としたケーブルTVとも言えるのですが、そもそも、こういった事業を行っている会社が他にあるのかどうかを調べるのも、意外に難しい。結論から言うと、ちょっとググッた位では見つかりませんでした。

あと、「インターネットTV」というキーワードで探してみましたが、この「インターネットTV」という言葉の定義が曖昧で、少なくとも以下のような意味のバリエーションがありそうです。

1.au の TV サービスのようなケーブルTVのインターネット版(回線が遅いと時々画像が止まる)
2.「アクトビラ」と呼ぶ「IPテレビ」サービス機能が搭載されているTV受像機のこと
3.動画を登録しただけのHPを単に「インターネットTV」と称しているもの
4.上の3が洗練された GyaO のようなサイト

しかし、私が探しているような教育番組(特に英語の教育番組)というのは、見当たりません。需要がないのでしょうか。

今のところ、私が見つけた最もまともなサイトは、米国のPBS KIDSです。ここには、Sesame Street とか Curious George など、私たちになじみのある番組もありました。米国で放映されている番組のコンテンツの一部が掲載されているという形ですが、なかなかしっかり作られています。

と言う事で、ベネッセチャンネルがなくなった後は、インターネットでまともそうな英語のサイトを見つけるしかないのかなぁという気がしています。その時の手段は、TVにONKYOのHDC-1Lを接続することかなぁなんて思ったりしています。

何か良い情報をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

日本ケーブルテレビ連盟
アクトビラ
パソコンテレビGyaO
PBS KIDS
CBS Evening News with Katie Couric

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

このページのトップへ
我が家は日韓の国際結婚ではありますが、傍目には日本人同士の結婚に見えます。しかし、家の中で使っている言語の状況は、ちょっと複雑です。

夫婦同士の会話は、私が韓国語をほとんど話せないことから、もっぱら日本語。しかし、子供(2歳1ヶ月)は日本語、韓国語、そしてDVDやNet経由の有線(auです)で英語の番組を見ているということもあり、どうやら3ヶ国語が理解できているみたいです。子供はまだ話せませんが。

ところで今日、ネット経由で子供用の英語の絵本を買いました。CTP社の24冊セットのレベル1-1です。フルセットだと96冊で4万円強ですが、その4分の1の冊数の一番やさしいセットを買いました。冊数は多いのですが、本自体はとても薄いです。日本だと、オマケかと思うくらいの本です。でも、子供の成長を考えてみれば、必要以上に立派な作りでなくてもいいのかなと思いました。語学という意味では、質より量ですよね。

また付属のCDがなかなか良く、これを96冊聞いていけば、大人も簡単な英語は理解できるようになるのではないかと思います。しかも、日本語を介さずに。

私は当然、高校生向けとか大人向けとか、果ては The Wall Street Journal とかを読んだり聞いたりしていますが、原点に返って、絵本から始めてみるのも悪くないかなという気がしてきました。子供に読んであげれば、自分の発音練習にもなりますしね。

ということで、我が家のブームは英語です。

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

このページのトップへ

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

02月 « 2009年03月 » 04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。