Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
Kindle DX 3日目です。Kindle DX と本物の本、それぞれの長所・短所を感じたままにまとめてみました。

1.欲しい本がすぐに手に入る
Amazon では遅くとも翌日に本が届きますが、1分以内に入手できるというのは、やはり大きいです。その分、出費がかさみそうになるのが玉にキズ。でも、洋書だから、それほどでもないかな。

2.複数の本を持ち歩くのが楽
何百冊持っても、重さは同じ。英語圏の人なら、ほとんどの本を持ち歩きできるということに…。新聞も一緒に読めてしまうのも Good ですが、紙のように読みやすくはありません。満員電車の中で iPone を使って読むというシチュエーションであれば、少しは意味があるかな。

3.ページめくりは遅い
Kindle は E Ink なので、液晶のように速くはページめくりできません。ただし、付箋機能やメモ書き機能はあるので、頑張れば一覧からジャンプはできます。それでも、学生が論文を書くときなどに、あちこちめくりながら参照するのはちょっと辛そうですね。

4.モノクロ表示
最新の E Ink はカラーもあるようですが、Kindle DX はモノクロです。「基本はモノクロでもいいけど、重要な図などだけでもカラーで見たい」という場合は、Kindle PC側から見るという手は使えます。あと、カラー刷りの文字がモノクロ表示になると、ちょっとぼやけます。

5.海外の新聞が読めるが…
これは Kindle の大きなメリットだなと思っていたのですが、The New York Times の記事を Kindle と HP とで比較してみる、両者の内容は同じです(Kindle 側はほとんど画像なし)。であれば、わざわざ Kindle でお金を出して購読する積極的な意味はなさそうです。これは Kindle の問題ではなく、新聞社の問題ですが。そう言えば最近、The Wall Street Journal が読めなくなっています。評判がよろしくなかったので、止めるのか、それとも自社のHPがあるので、いいという判断なのか、あるいは体制の立て直しなのか。いずれにせよ、新聞に関しては、インターネット環境があれば、ほとんど事足りてしまいそうです。

6.操作性
Kindle DX のキーは、キーと言うよりは「ボタン」です。また、5-Way Controller というマイクロ・ジョイスティックのようなバーがあるのですが、ちょっと硬いので、指が疲れます。操作性は「可」というレベルでしょうか。

7.英語に対するモチベーション
Kindle DX は決して安くはないので、元を取ろうと考えている訳ではありませんが、英語を読もうというモチベーションは高まりそうです(まだ3日しか経っていませんが)。
スポンサーサイト
このページのトップへ
Kindle DXではPDFが表示できますが、普通にやると日本語は表示できません。しかし、PDFファイルにフォントを埋め込む形で作成してやると、全く問題なしに日本語が表示できます。図形が混在していても、問題ありませんでした。自分の過去の論文などを持ち歩きたいといった人にはいいかも知れませんね。
このページのトップへ
Kindle DX が我が家に届きました!

日本での購入は、日本法人のアマゾン経由で来るのかなと思っていましたが、そうではなく米国から直通で届きました。経路は、アリゾナ州フェニックス⇒カリフォルニア州オンタリオ⇒アンカレッジ⇒成田⇒我が家です。おそらく、日本で最も早く入手したうちの一人でしょう (^_^)

UPSでこんな感じの小包です。
Kindle-1.jpg

純正のレザーケースと一緒に購入しました。
Kindle-2.jpg

中身は、本体と簡単な説明書、AC電源⇒USB変換付きのケーブルです。
Kindle-3.jpg

純正の Kindle DX のレザーケース。本体を斜めにして、回転させるようにセットします。米国Amazonのレビューを読むと、この部分で結構、本体に傷が入ったりというトラブルが報告されています。私は少し慎重にセットして成功!
Kindle-4.jpg

電源コードを接続したところです。
Kindle-5.jpg

事前に決めていた本を検索。
Kindle-7.jpg

お目当ての本がトップに表示されました。
Kindle-7.jpg

選択すると、すぐに購入できる画面が。
Kindle-8.jpg

クレジットカードの確認画面です。これは、Kindle DX を購入するときに登録していたクレジット番号。何の設定もなしで、いきなり買い物ができてしまいます。
Kindle-9.jpg

毎度あり~。
Kindle-10.jpg


購入前に、Kindle 2 か Kindle DX かで悩みました。私は「大は小を兼ねる」で DX にしました。でも、ペーパーバックで小説を読むのがメインという方は、Kindle 2 で十分な気がしますね。特に女性にとって、電車でDXは大きいし、長時間読むにはちょっと重いです。自宅や会社の机で読む場合や、新聞を読みたい場合は DX の方が快適そうです。本(活字)の大きさは、ほとんど実物大といったところです。

Kindle で購入した電子ブックは、Kindle でも Kindle for PC でも読めることは知っていたので、実際に後で PC を見たところ、確かに閲覧できました。

E Ink の画面は、再生紙に活字を印刷したような印象です。よく言えば落ち着いた感じ。悪く言えばちょっと時代がかった印象といった所でしょうか。液晶画面に比べて、長時間眺めても疲れにくい感じで、まさに E Ink の名のとおりです。

このページのトップへ
今日は大久保の第一教科書に行って、中学英語の教科書を中心に22冊の教科書と、入学前の子供用の一般市販教材2冊を買ってきました。教科書22冊でたった¥8,498でした。安いですね!

英語の教科書は、4つの出版社のものを中学1年~3年まで、計12冊買いました。1年生の教科書をパラパラっとめくって見ましたが、私の時代に比べると、かなり進化しています。

1.すべてカラー刷り
2.会話重視の内容
3.英語圏は米国、英国だけではないことを意識
  クラスメイトには、必ずオセアニア圏の子供がいる設定になっている。
  これは最近の英検の傾向と連動している。
4.文法は、会話の後から教えるという感じ
5.世界には、いろんな言語があることを本の見返し(裏表紙)で紹介

私たちの時代に比べると、英語の本はかなり国際化されたことを意識した内容になっていますね。教科書によっては、クラスメイトに中国人やインド人もいます。最近の教育と言うと、「ゆとり教育の弊害」とか、私がよく話しに出す「円周率は3.14でなく3になっている」といった問題が注目を浴びますが、少なくとも英語の教科書については、大きく進化しているなと感じました。今の子供は恵まれていますね。環境は整っています。

本当は、他の教科の教科書もいろいろ買ってみたかったのですが、その直前に韓国料理をお腹いっぱいに食べてマッコルリまで飲んでいたのと、あいにくの冷たい雨だったので、今日はこのくらいで帰りました(笑)。


そういえば、最近のこのBlogの内容は、「外貨投資」からかなりずれていますね。タイトルを変えようかな。
このページのトップへ
Kindle 2 を買うべきか Kindle DX にすべきか、それとも噂されている Apple のタブレットが出るのを待つべきか。かなり悩みましたが、Kindle DX を発注しました。

まず、Kindle 2 と DX。DX はちょっと大きな気がするけど、結局後で、「やっぱりDXにしておけば良かったかな…」と後悔するかも知れないと思い、DXにしました。Apple のタブレットは気になるけど、買えたとしても3ヶ月位先だろうし、長時間、読むのには向かないだろうから。

と、まぁ、色々理由を述べてはいますが、最近、自分の為にモノを買っていなかったので、このあたりで買物をしたくなったのが最大の理由。Amazon 純正のレザーケースと合わせて $600.92 でした。

そう言えば、電車の中で Kindle を持っている人に会ったことはないなぁ。そもそも英字新聞を読んでいる人も少ないし。半年に1回位しか見かけません。駅の売店では売っているけど、買っている人を見たことないな。でも、英語の本を読んでいる人には、時々、出会うかな。少ないけど。

Kindle DX が届いたらレポートを書こうかな。

そうそう。話は違うけど、明後日、大久保にある第一教科書という教科書販売専門の書店に夫婦で行ってみようと思っています。目的は、英語の教科書の仕入(個人的に)。今から楽しみです。
このページのトップへ

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

12月 « 2010年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。