Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
このところ、小中学生の自殺が続いていますね。米国の機関だったか国際機関だったか忘れましたが、自殺は伝染する傾向にあります。報道機関は、もう少し報道のありかたを考えるべきですね。単に「自殺を思いとどまるように」とか「相談するように」と言うだけでは何の効果もありません。文部科学大臣の発言を聞いて、「トップがこれではなぁ」と思いました。ゆとり教育のおかげで、日本の教育は崩壊状態ですね。

教育と言えば、教育基本法の改正。いったい、どんな改正をしようとしているのかと思い、インターネットで検索してみました。

  教育基本法案について(文部科学省)
  現行教育基本法と教育基本法改正案の比較

内容の評価をする以前の問題ですが、相変わらず法律の文章というのは、読みにくい文体ですね。もう少し、何とかならないものかと思います。

まず、前文の改正案を見てみましょうか。

【前文の改正案①】
  われわれ日本国民は、たゆまぬ努力によって築いてきた民主的で文化的な
  国家をさらに発展させるとともに、世界の平和と人類の福祉の向上に貢献
  することを願うこと。

「世界の平和」を願うのは良いとして、「人類の福祉の向上」を日本国民が願うということは、具体的に何を意味して(期待して)いるのでしょう。基本的に、他国の福祉は他国の政府が面倒をみるというのが現実なのですが、改正案は「ODAを増やそう」と言っているのでしょうか? ちょっと理解に苦しむところです。

あと、最後の「願うこと」の「こと」という表現は、どう解釈すれば良いのでしょう。「願いなさい」という意味なのでしょうか。ちなみに前文の改正案の文は3つあるのですが、いずれも最後が「こと」で終わっています。

【前文の改正案②】
  この理想を実現するため、個人の尊厳を重んじ、真理と正義を希求し、
  公共の精神を尊び、豊かな人間性と創造性を備えた人間の育成を期する
  とともに、伝統を継承し、新しい文化の創造を目指す教育を推進すること。
  日本国憲法の精神にのっとり、我が国の未来を切り開く教育の基本を確立し、
  その振興を図るため、この法律を制定すること。

こうやって改めて読むと、単純に「願う」「推進する」「制定する」と言えばすむことばかりのように思います。どうして「こと」を付けたがるのでしょうか。また「希求し」という言葉は、あまり馴染みのない言葉です。もう少し一般的な表現にならないものでしょうかね。最後の文の「その振興を図るため」の「その」が何を指しているのかが不明確です。教育基本法案なので「教育」を指しているのだと思いますが、文脈からは直接読み取れません。

教育基本法を改正する前に、改正案を作成する人の国語力の向上を図ったほうが良いのではと思えてきますね。

今のゆとり教育は問題だと思うので、教育環境の改善は私も望むところなのですが、国会議員や官僚の教育もよろしくお願いしますよ、安部総理! いっそのこと、国会議員に立候補する人には、事前に一般常識と政治経済くらいの試験は受けさせるようにしてはどうでしょうかね。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。