Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
東京で韓国料理をよく食べていたということもあって、「日本で食べる韓国料理」と「韓国で食べる韓国料理」には、それほど大きな差はないというのが正直な感想です。もっとも、私がよく行った日本の韓国料理店は、皆、韓国人が経営していた場所だったからかも知れません。よく、「日本の韓国料理店は日本人向けの味付けにしている」と言われたりしますが、それほど差はないかなというのが正直な感想です。味にうるさい人は、「そうじゃない」と言うかも知れませんが。

ここ仁川(東仁川駅周辺)は、ソウルのような著名な観光スポットではなく、地元の人(と病院の利用者?)が通う店という位置づけのため、ごく普通の韓国料理が食べられる場所かも知れません。こちらに来て夫婦再会ということもあったのでしょうけれど、よく食べています。でも、油を使った料理が少ない(ない?)ので、太ることはないかも知れません(と、期待をしています)。

こちらに来て「キンパ(ハングルで正確に書きたいけど文字が表示できない)」という韓国風海苔巻きご飯(本当は「巻き寿司」と言いたいところだけど酢飯ではない)を食べました。なかなか美味しかったです。見た目は日本の巻き寿司と同じような感じです。1本1,000ウォンで日本円で130円程度。安いです。「うどん」や「おでん」もあります。名前も同じ。しかし、おでんの方は、「食べ物」と言うよりは「スープ」といった感じです。日本のおでんのスープと具の比率を逆転させた感じです。卵や大根が丸ごと入っているとか、ハンペンの塊が入っているということはありません。具を細長く切ったものが、スープの中に入っています。味は日本人にも向いています。

お店の人は、愛想の良い人が多く、ちょうど日本の田舎の食堂に入った感じです。韓国語では飲食店のことを「しくたん」と言いますが、これは漢語の「食堂」の韓国読みです。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。