Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
日経新聞のサイトに米有力シンクタンク「1ドル90円、6人民元」提唱という記事がありました。世界経済の不均衡を解消するためには、現在の為替レートよりも2割程度ドル安になるべきだというのがシンクタンクの主張ですが、これは結構、自分勝手な主張ですね。

米国は他の国にお金を貸してもらっている(米国国債を買ってもらっている)わけなので、為替レートを2割切り下げたいという主張は、すなわち、借金を2割棒引きして欲しいと言っている事と同じです。中国などは、1兆ドルも持っているので「2000億ドル負けてくれ」と言っているわけですね。

こんな事を言っていたら、よけいにユーロ圏の国々は「勝手にやっていれば?」という感じになって、ユーロだけで取引しようという気になるかも知れません。欧州の人たちは、「だったら米国国債なんて買いたくない」という感じでしょうね。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。