Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
以前から「何とかならないかなぁ」と思っていたのが、マネックス・ユニバーシティの内藤忍氏のブログでした。と言っても、氏のメッセージに問題がある訳ではなく、メッセージのコメントとして、よくもまぁ、毎日これだけネチネチと書けるものだと思うほどしつこく、氏を誹謗するコメントが書かれていました。

誹謗コメントの背景には、ライブドア株の担保問題があったようですが、彼がどれだけ直接、問題に関係していたのかは私にも分かりません。ただ、氏の投資スタイルからすると、ライブドア株を担保にレバレッジをかけるといったことを推奨してはいなかったでしょうね。

で、今日ブログを見てみると、毎日見かけていた誹謗・中傷のコメントがありません。と言うか、メッセージを書けなくしてしまったのですね。これは不本意な対策だったかも知れませんが、正解ですね。

ところで、今日、Amazon に予約していた氏の著書の『外貨投資編』が届きました。なかなか盛りだくさんで、読み通すというよりは、辞書的に使う本と言えるかも知れません。それにしても、結構、情報を詰め込みましたね…というか、よく調べましたね。私はFXをやっているのですが、FXについてもなかなかポイントを押さえた記述になっていて、感心しました。氏は、それほどFXについては深入りしていないと思っていたので、ちょっと驚きでした。やはり、教育現場で仕事をしている強みなのかも知れませんね。

日銀によると、日本の金融資産のうち投信なども含めた外貨への投資は2.6%にすぎないとのこと。私はもう少し多いと思っていましたが、こんなに少なかったのですね。私などは、60%が外貨資産です。FXはレバレッジがかかっているので、それをほどくと150%が外貨になってしまいます。普通の人に比べると、日本の資産(株式、債券)が少ないですが、日本の株式や債券は自分の年金のポートフォリオに入っているし(と言っても、社会保険庁は信用できませんが)、日本の不動産という意味ではマンションを所有しているので、日本のREITを買う必要はないと考えています。

ということで、私の金融資産のかなりの割合が外貨になっています。金(Gold)もあるけど、これはある意味、世界共通通貨なので、ほとんど外貨と考えてもいいかな。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。