Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
Kindle DX が我が家に届きました!

日本での購入は、日本法人のアマゾン経由で来るのかなと思っていましたが、そうではなく米国から直通で届きました。経路は、アリゾナ州フェニックス⇒カリフォルニア州オンタリオ⇒アンカレッジ⇒成田⇒我が家です。おそらく、日本で最も早く入手したうちの一人でしょう (^_^)

UPSでこんな感じの小包です。
Kindle-1.jpg

純正のレザーケースと一緒に購入しました。
Kindle-2.jpg

中身は、本体と簡単な説明書、AC電源⇒USB変換付きのケーブルです。
Kindle-3.jpg

純正の Kindle DX のレザーケース。本体を斜めにして、回転させるようにセットします。米国Amazonのレビューを読むと、この部分で結構、本体に傷が入ったりというトラブルが報告されています。私は少し慎重にセットして成功!
Kindle-4.jpg

電源コードを接続したところです。
Kindle-5.jpg

事前に決めていた本を検索。
Kindle-7.jpg

お目当ての本がトップに表示されました。
Kindle-7.jpg

選択すると、すぐに購入できる画面が。
Kindle-8.jpg

クレジットカードの確認画面です。これは、Kindle DX を購入するときに登録していたクレジット番号。何の設定もなしで、いきなり買い物ができてしまいます。
Kindle-9.jpg

毎度あり~。
Kindle-10.jpg


購入前に、Kindle 2 か Kindle DX かで悩みました。私は「大は小を兼ねる」で DX にしました。でも、ペーパーバックで小説を読むのがメインという方は、Kindle 2 で十分な気がしますね。特に女性にとって、電車でDXは大きいし、長時間読むにはちょっと重いです。自宅や会社の机で読む場合や、新聞を読みたい場合は DX の方が快適そうです。本(活字)の大きさは、ほとんど実物大といったところです。

Kindle で購入した電子ブックは、Kindle でも Kindle for PC でも読めることは知っていたので、実際に後で PC を見たところ、確かに閲覧できました。

E Ink の画面は、再生紙に活字を印刷したような印象です。よく言えば落ち着いた感じ。悪く言えばちょっと時代がかった印象といった所でしょうか。液晶画面に比べて、長時間眺めても疲れにくい感じで、まさに E Ink の名のとおりです。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。