Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
若葉さん、みなさん、こんばんは。

若葉さんは、私よりもずっと、いろんな情報を収集されていますね。私はそこまで手を(足を?、指を?)伸ばしていません。情報は調べると切がありませんし、沢山の情報を入手しても、それをどうやって判断するかが難しいですし、さらにどの情報が織り込み済みで、どれがそうでもないか…、などなど、情報で判断しようとすると、ホントに切がありません。

こんな実験をしたという話を聞いたことがあります。情報をふんだんに入手できるグループと、情報を遮断して値動きだけが知らされるグループを作り、2つのグループにトレードをさせて成績を見たところ、情報を遮断されたグループの方が成績がよかったとか。

この現象の理由としては、以下のようなものが考えられます。

 (1) 情報分析のしかたに、そもそも誤りがあった。
 (2) 情報にとらわれすぎて、心理的にバイアスが
   かかった状態でトレードしてしまった。

私も、為替にまつわるいろんな情報に興味はあるものの、それから為替レートの動きを導き出すのは、なかなか難しいと思います。一瞬の動きは読めても、中・長期のトレードにおいて、その判断どおりに動くことがメリットがある事なのかどうかとか。また、延々と情報収集を続けなければならないという大変さもあります。

以上のような理由から、私は統計的な手法でトレードしようと思ったわけです。また、こういった手法を考えること自体が、唯一の解のない問題を解いているようで、苦労はしますが、面白いですしね。ちょうど建築家が美術館などの建物をデザインしている感じです。唯一の解はないけれど、皆に感動を与えるものをデザインするという意味では、目的は1つです。

…とまぁ、こんな感じで私はFXをやっています (^_^)
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

オセアニア通貨上昇
おはようございます古琳斗さん
オセアニア通貨が買われていますね、どこかの証券会社のCMに行動しなかった時の後悔の方が大きいですよ とコメントしていましたね
(O和証券)でしたか?

 金投資についてですが チャートを見てびっくり!しました、なんであんなに急上昇したのでしょうか?
 金については素人です 歯科医で使う金歯
とか、指輪とかのジュエリーですね。
 先物市場の相場もあるのでしょうけど古琳斗さんはどちらで買われていますか?良い会社がありましたら教えて下さい。
金相場も考えてみる価値がありそうですね。
金相場とドル円相場の相関性はあるのでしょうか?

今年を振り返って
今年の取引は10月頃まで旅行の準備などで色々と忙しくしていましたし、資金も旅行用に準備しなければならず思ったほどお取引か゜できませんでした。
 調べ事はたくさんするのですが 今回のようにまだ下がるのかなと思い静観していると 気がつけばこんなに戻してた~(T_T)/~~~
て言うのが多すぎました。
 テクニカルで買いと決断して行動しても 売りが早すぎて利益はチョッピリですし。
(下落中の逆張りはテクニカルを信じていても かなり怖い買い方ですね 戻すとすぐに売っちゃいます)
 自分自身がイヤになり、為替も株もやめようと思った事は一度や二度ではありません。
年間では2004年 2005年も利益はプラスでしたけれど利益水準はまだまだです。
 
新年度入りしたので来週から頑張りたいと思います。



 

 

  • 2006/04/01(土) 08:42:07 |
  • URL |
  • 若葉 #-
  • [編集]

投資の方も、小春日和

今年の冬はオセアニア通貨の大幅な下落でちょっとあせりましたが、ここに来て落ち着いてきましたね。FXを始めて最初の年度末ということで、どういう動きをするか心配でしたが、小春日和のような1週間でした。

振り返って見れば、NZD を一切、損切りしなくても耐えられたようにも思いますが、リバランス&精神的な落ち着きが得られたので、良しとしたいと思います。損切りした直後に急上昇したら気分が悪いけど、損切りした値の前後をうろちょろしているので、まぁ、いいかなと (^^;

一方、EUR の方は最近、高値になって来ていたので「プチ確定」をしました。毎月のFXの資金投入は、そろそろ終わりにしようと思っていますので、今後は今ある手持ちの中で、損切りをしなくてもいいように、うまく回して「プチ確定」と「プチ購入」を繰り返して行ければと思っています。

今週は、為替も株(インデックス・ファンド)も金(Gold)も小春日和でしたね。

  • 2006/04/01(土) 00:05:32 |
  • URL |
  • 古琳斗 #-
  • [編集]

明日から4月ですね
古琳斗さんおはようございます
明日から4月ですね、為替相場 株式相場どんな動きになるのか楽しみです。
 株式の方は一足先に上昇していますが 過熱感が出ているようです。
配当落ち日から今日まで過去の動きを研究していますが 例年4月中旬程度までは上昇傾向が鮮明ですね。

 為替相場の方も少し戻しているみたいで古琳斗さんのほうもプラスになっているのですね私もそろそろ購入時期 通貨種類を決めて4月から運用開始したいと思います。

 私の場合は 株式 為替と2つの運用です株式の方は長くて2ヶ月程度 中期波動に乗れれば合格です。
今回も乗れれば良いのですが。
 為替の方も 長期10年 短期波動用と2部構成を考えています。

 日々の動きで頭の体操をしながら 古琳斗さんと為替相場のコメントができたら嬉しいです。

  • 2006/03/31(金) 09:30:02 |
  • URL |
  • 若葉 #-
  • [編集]

為替と金利

若葉さん、こんばんは。

為替と金利。確かに深い関係がありますね。マットさんの本(外国為替トレード 勝利の方程式)によると、

(1) 米国の為替政策
(2) 米国の景気
(3) 日本と欧州の為替政策
(4) テロリスクなど特殊要因
(5) 金利差

という順で、トレンドが出やすいとあります。とは言え、(1) は (5) を決めるものだったりするので、一概にこの優先順位と言い切れない部分もありますが、こういった要因の相乗関係で為替が決まるとは言えますね。

私も金利差は気にするほうです。今までは NZD > AUD > GBP > USD > EUR という感じ?の関係にありましたが、それが崩れてきたので、NZD と AUD が下がっているという面があります。NZD の場合は景気も関係していますけど。今考えると、金利差の動きを取り入れながら、購入するバランスを調整していれば、もう少しうまく行ったのに…と思う訳ですね(笑)。

ただ、円の独歩高のようなケースですと、対応はちょっと難しいです。円も通貨の1つとして見て、場合によっては円を多めに持つ(= 外貨を減らす)ことも必要かもしれません。でも、そうするとスワップが入ってこなくなりますので、うーん (^_^;

ところで、決済しなくてもスワップが受け取れる方法(会社)ですが、ひまわり証券や松井証券は、「スワップ益や含み益を決済しないでポジションが持てる」と聞きました。この言葉が意味する正確な所は私もよく分かっていないのですが、スワップポイントを証拠金の足しにして、新たなポジションが持てるのだと(私は)解釈しています。ただし、いずれも取引は1万ドル単位なので、外為どっとコムの利用者にとっては、「ちょっと単位が大きいなぁ」といった感じですね。

さて、最近の為替ですが、急落から「ぼちぼち」という感じにもどって来つつあります。昔の政治家の言葉を借りれば「何とかの胎動」という感じでしょうか(笑)。先日の損失を含めても、何とかトータルでプラスを維持できるようになりました。

一方、今月、少しだけ買った金は今週になって急上昇。これで義母の入院費がまかなえるといいのだけれど。

  • 2006/03/30(木) 19:58:29 |
  • URL |
  • 古琳斗 #-
  • [編集]

追伸
古琳斗さん後半の部分で古琳斗と呼び捨てにした部分がどうしても訂正できませんでした 送信した後に気がつきましたこの場をお借りして お詫びいたします。 

  • 2006/03/30(木) 02:06:51 |
  • URL |
  • 若葉 #-
  • [編集]

政策金利と為替の相関について
古琳斗さんこんばんは
調べ物が趣味みたいな若葉です(^^♪
調べた結果 だめでしたらあきらめがつくので
あまり気にせず色々と触手を広げています。
 資産と言うには恥ずかしい程度の金額ですが どうしたらお金は効率よく増えるのか考えていたら、商い事になっていました。
 ただ株 為替 色々な金融商品がありますが出たとこ勝負の賭博ではなくて、裏づけのある投資をしたいと考えていたら 素人のくせにシカゴIMMまで入ってしまったと言う 素人ぶりです(笑)

 政策金利と為替市場はかなり連動性がありそうなので 例により好奇心から調べてみました。
 結果ですが 高金利通貨は真っ先に下落しています (今みたいに)しかしアメリカ市場も金利の引き下げをいつか実施します その時が5年来の底値圏になっています 世界が低金利時代に入ると 低いながら高金利通貨が買われて アメリカ経済も持ち直し USドルの金利上昇局面でドル上昇 クロス円も右肩上昇し昨年末のようになります。
 ここまでの流れで約10年が過ぎていきます

とても付き合っていけれない年月ですが レバレッジのコントロールができたら良い10年になりそうですね。

 スワップは決算しなければ頂けない決まりですが 外貨プラスならいけそうです。

 外為コムに以前質問したのですが
外貨プラスのロスカットのしくみはどうなっているのでしょうかと?
 オージーなら25万円で1万通貨のポジションですが 24円程度の円高でロスカットが実行されるそうです ロスカット防止の為の追加資金は現金では出来ませんと説明されました
スワップ金額の累計がロスカットの防止余力になるそうです。
 証拠金取引で10万円でUS1万ドルの投資をした場合 引き出し可能金額はゼロです プラスが表示されていても スワップ金額が表示されていても 決算しなければお金として使えません。
 毎月スワップ金額を引き出せるところがあればいいのですが古琳斗さんご存知ではないですか?
 株式投資で年間配当3%の銘柄は買いと評価されて投信の設定までされているのに レバレッジ1.2倍でNZドルを購入したら決算しなければ資産上スワップ金利は低めに見ても年率5%以上あります。
 しかし決算しなければ使えないお金は絵に描いたモチの例えのとうりで バリュー株を投売りする投資家の様に 高金利通貨が売られていきます。

 10年後に72円まで戻せば1.2倍のレバレッジで悪くても投資資金は1.5倍になって帰ってきます、そう考えると株式相場で10年後に塩漬けのコレクターになるよりはましだと考えて 日々為替の研究中です。
 毎年1.2倍のレバレッジで投資を続けたら
10年後からは 10年前に毎年実施した金額の1.5倍程度の金額を受け取れます。
 ノートに書いた皮算用ですけれどね。
投資するなら安い方がいいと思うので 価格の変動要因をしらべていたら古琳斗のブログに出会ったと言う訳です。
 投資スタイルに違いはありますけど、とても参考になります。
 バブル期の投資家は失われた10年で相当数の方が資産を減らしています。
 私の知り合いも株の投資に熱をあげています
10年の大波に飲み込まれてしまうと思うのですが 静観しています。
 投資対象の国が滅びるのと 経済が弱くなって投資した時期の銘柄の値が消える確立は どちらがリスクとして大きいのか解りかねますが 過去を研究して未来に生かせたらと思っています。

  • 2006/03/30(木) 01:49:15 |
  • URL |
  • 若葉 #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。