Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
私は金について特別詳しいという訳ではありませんが、それでも、(ごく)普通の人に比べれば知っていると思いますので(笑)、ちょっと書いてみます。

今週は、金が大きく動きましたね。特に31日金曜日には大きく上がりました。こういった動きは年度末だからという訳ではないと思います。ある日突然、金が急騰した場合の多くは、米国ファンドがまとめ買いをしたためです。東京ではNYの価格をほぼそのまま引継ぎますので、翌日の東京も大きく値を上げます。

私は金を「地球通貨」のように考えています。どの通貨にもリスクがあると思われた場合、金が買われる傾向にあります。各国が発行している通貨は政府の裏づけが必要ですが、金は特定の国によって価値が裏付けられている通貨ではありません。普遍的な価値を持つ通貨のような性格を持っています。

よく言われるように、金の産出量には限りがありますので、需要が増えればその分、金の価格は上がります。最近の需要を加速させているのは中国ですね。一方、日本は米国に「あまり金を持つな!」と裏で脅迫されているようです。よって、日銀の金の保有高は、先進国中、最低ランクになっています。米国は、いざとなったら(準)金本位制の発表をしたいのでしょう。米国は一国でEUと肩を並べるほど大量の金を保有していますので、金が急騰(10倍に近い数倍)になれば、米国政府の財政赤字も、かなりファイナンスできます。

ところで今の金の価格ですが、今週、591.8ドル/トロイオンスをつけています。これは25年2ヶ月ぶりの高値だとか。金のヒストリカル・チャートを見てみると、歴史的な最高値は1980年頃の800ドル台(ただし一瞬)ですので、591.8ドルというと、かなり金が上がってきている感じです。この間のインフレも考慮して考えなければなりませんが、それでもかなり高くなって来たなぁという感じがしますね。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

地球通貨ですね
さっそく調べ物が増えましたね(^^♪
海外情勢(紛争 戦争)時の金価格とスイスフランの為替を調べてみます。
 旧ソビエト連邦のアフガニスタン侵攻がたしか80年ぐらいでしたかありましたね、その頃に急騰したと思います。
 90年のイラク戦争の時はどうだつたのでしょう?
 紛争も無く平和な時の金暴騰は需要と供給のバランスが決めると思うので 今後の国際社会の動向に注意しておきます。
中国の資源買占めはひどいですね。
話は変わりますが・・・・。
石油化学プラントは今頃から定期修理(車検のようなもの)に各国入るようです ご近所の方がそう言っておられました。
 国内の業界も例外ではないようです 石油価格の低下はこの為だと コラムでもだれだか忘れましたが 言っておられましたね。
 定期修理が終わる来月から石油価格が再び上がるのかなー。
 (家の灯油も今のうちに買いだめしておこうかな♪)
資源国の通貨もその頃には上がるかもしれませんね、金価格も資源関連で高値更新となるのでしょうか?
 国際社会はインフレ一色となりそうです。
ドイツの1930年代のインフレはすごくて 読んだ話では ビール1杯めに支払った金額と2杯めにたのんだ金額とでは 価格が変わっていた程のインフレだったとか。

 中国人が全員 欧米化して毎日コーヒーを飲む文化になれば 石油価格と同じ様な暴騰が起きそうですね 原油価格は2002年頃は1バーレル18ドルですが今は56ドル。

 コーヒーの先物で3年先の価格と言う商品があればコール型商品が話題を呼びそうですね。

金について教えて頂き、ありがとうございました。

  • 2006/04/01(土) 13:09:22 |
  • URL |
  • 若葉 #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。