Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
一時期、絶好調だった金が劣等生になってきました。要因としてはいろいろあるけれど、結局、今年の春に買った値段に近づいてきています。かなり上がった所で買い足してしまったため、現在は含み損に…。中長期的なトレンドとしては上がると見てはいますが、こう予想外の下げに遭うと、ちょっと気分もグレーになってきてしまいます。

私は純金積立をしてきていますが、こちらは現物(とほぼ同じ)なので、下がってもマイナスになるということはありません。一方、証拠金取引の場合はマネーマネージメントによって、マイナスということがあり得ます。そういう観点で見ると、私の資産はレバレッジが利いている部分の割合が、一般の人に比べて高いと思います。もちろん、もっと高い人もいることとは思いますが、それはきっと高すぎです(笑)。

よく「先物取引は危険」という人がいますが、この表現は正確ではありません。「レバレッジを上げすぎた場合の先物取引は危険だ」と言うべきですね。たとえばデフォルトのレバレッジが10倍の証拠金取引の場合、資金の1/10で取引をすれば現物取引と変わりません。いえ、むしろ手数料が割安な分、現物取引よりも安全です。

結局、投資では資金をショートさせないことが重要で、一時的にでも資金がショートする(なくなる)と、投資を継続することが出来ません。これが発生した状態を「退場」とも言いますね。

最近、金のボラティリティ(変動幅)が大きくなって来てしまったので、金のために用意できる資金の範囲だけを見るとショートぎみです (^^; ただ、冷静に考えれば金の大きなトレンドは「上昇」にあると思うので、基本スタンスは「このままホールド」です。ガマンしなければならない期間は、今月いっぱいくらい続きそうです。

米国ファンドよ。はやく金を買ってくれ!
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。