Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
資産運用のパフォーマンス8割前後は、アセットアロケーションによって決まると言われています。普通は、国内の株式と債権、海外の株式と債権の4種類の資産をどのような比率で分配するかを考えます。資産が多い人は、これ以外に不動産や金なども含めてバランスを考える訳です。

ところで、私は色々な資産に分散していますが、世の中一般で語られているような綺麗な?!アセットアロケーションにはなっていません。金融資産に占める割合が最も大きいのはFXで全体の2割です。次に多いのがほったらかしの日本株の投資信託(変額年金を含む)。その次が純金積立で、その次が現在大幅な含み損をかかえて目減りした(泣)金の先物となっています。

リターンを最大にするには、全部をFXにしてしまうのがいいのですが、それだとリスクが高いし精神衛生上もよくないので、そこそこバランスの取れたアセットアロケーションにできないかなぁと、最近、円グラフとにらめっこをしています。

FXは外貨なので、位置づけとしては外国債券に近いのかなと思っています。ただFXはレバレッジがかかっていますので、金融資産の2割と言っても気分は金融資産の15割(150%)という気分です。FXの年利を33.3%と仮定して資産の25%をFXとし、残りの資産を適当に分配して理論値を出すと、トータルで年利11.12%と出ました。11.12%のうちFXが8.33%なので、利益の4分の3をFXで稼ぐ計算になります。ちなみに、今日現在のアセットアロケーションで年利の理論値を出してみると、9.96%となりました。理論値の算出にあたっては、利回りを次のように仮定しています。

 国内株式:6.5%
 国内債権:4.0%
 外国株式:7.0%
 外国債権:4.5%
 金:4.0%
 その他:3.0%
 円:0.1%

福井総裁が入っていた村上ファンドが年利16%ですから、年利11%という数字は悪くありません。もっかの悩みは、金の先物。最近は金のボラティリティが大きくなりすぎて、1ヶ月の変動でも、金融資産全体に大きなインパクトを与えてしまいます。これからインドが婚礼のシーズンになるので、金の値段が戻ったところでポジションを縮小しようかなと思案中です。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。