Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
自分は年金をいくらもらえるのか簡易計算をしたら、15万円前後でした。

 社会保険庁:自分で出来る年金額願意計算

うーん、少ないですね。これだと田舎で畑仕事をしながら半自給自足生活でもしなければ食べていけそうにありません。夫婦共働きですと倍近くにはなるでしょうけれど、十分とはいえません。しかも、私たちが受け取る時代はインフレが進んでいてもっと目減りしていることでしょう。

今私は、ちょっと真面目に1億円貯められないかと考えています。1億円あれば、年利7%でも毎年700万円。12ヶ月で割ると58万円。これなら十分暮らしてゆけます。問題は1億円貯められるかどうかですが(苦笑)。

来年の金融資産残高は、以下の式で求められます。

 来年の金融資産 =(今年の収入 - 今年の支出)+(金融資産 × 利回り)

通常の会社勤めですと収入を増やすのはなかなか厳しいです。一方、支出を減らすのもちょっと味気ない。元々、我が家は「車なし」「お酒はあまり飲まない」「誰もタバコを吸わない」「ブランド物には興味なし」「ギャンブルはやらない」「旅行もあまりしない」と来ていますので、あまり減らす余地がないように思うのですが、それでも毎月の給与だけだと赤字続き。今年は、新婚旅行に合わせて買った服、ビデオ、PC、HDD、メガネなどの購入がひびいたかな。

とは言え、一番大きかったのは、義母の入院介護費用でした。でも、振り返ってみると、介護費用はすべて投資でファイナンスできていました(実際には利益確定していなくて含み益の状態ですが)。もし、給料だけの生活で医療費控除などの還付がなければ、年間の収支はマイナスになっていたかも知れません。

思えば、私が投資に目覚めて初めて外貨(ユーロ)を買ったのは、2001年11月13日でした。その頃はマンションを購入してから、まだ1年半。今、外貨を買ってから約5年経過しましたが、この期間に金融資産は約2倍に増えました。結婚前は節約で増えていましたが、最近は投資で増えています。

徐々に「今年の収入 - 今年の支出」で増やすのが難しくなる一方で、「金融資産 × 利回り」で増やす知識がついてきたようです。今後は後者の方を高めていきたいと思っています。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

10月 « 2017年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。