Intelligent Life

これからの時代に必要なのはインテリジェンス。欧米や新興国に負けないよう頑張りましょう。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
最近のNHKのドラマは、なかなかいいですね。朝の「てっぱん」は、ホントに面白い。毎週口に出して「おもしろいね」と夫婦で言い合っています。こんなことは珍しいです。火曜夜の「セカンドバージン」もすごくいい。冬ソナ以来という感じですね。

かと思うと、今夜はアーノンクールの「ミサ曲ロ短調」という、民放では絶対放送しないだろうなという曲をやっています。ミサ曲ロ短調のオーケストラ編成って、普通のオーケストラと随分、違うんですね。2人で運べそうな小型のオルガンを使っていたり、フルートが文字通り「木管」だったり、イングリッシュホルン(なんでしょうね)もリコーダーにリードがついたような古いタイプ?のものだったり、ホルンに至ってはロータリーやピストンの付いていないナチュラルホルン(倍音で演奏するホルン)を使っています。これだとバイオリンは、バロック・バイオリンなのかも知れません。オーケストラのレイアウトも随分違うし、思ったよりも小規模だし、なかなか興味深いです(まだ演奏中)。
このページのトップへ
私はあまりニュースを見ていなかったのですが、昨日はずっと尖閣諸島の流出画像で持ちきりだったようですね。



私が昨日の朝見たときは、まだ300人くらいしかアクセスがありませんでしたが、今はその100倍くらいになっていました。それでも話題の大きさからすると、少ないな。

そのうち、この画像も削除されるかも知れませんね。これを見て、中国政府、日本政府の対応・発言がどうだったか、客観的に世界が評価するでしょう。

しかし、「見なかったことにしてくれ」という日本政府のコメントには、あきれてものが言えません。江戸時代ではないのですからね。

このページのトップへ
今日、子供を連れて葛西臨海公園に行ったら、AKB48のイベントをやっていました(私は見ていませんが)。人が発音しているのを初めて聞きました。Ei Kei Bi: fourty eight。

#私は心の中でずっと「アキバよんじゅうはち」と呼んでいました(汗)
このページのトップへ
今更ながらという感じですが、やっと我が家に Windows 7 が入りました。機種は、NECのVALUESTAR G Type W です。

1.パワー
CPU は Pentium D 820 2.8G×2 から Core i7-860S 2.53GHz(max3.46GHz)×4 に、ディスプレイは、17インチの 1280×1024 から 23 インチの 1920*1080 になりました。メモリは4G。いっそのこと8Gにすべきだったかなと思いましたが、TVを見ながらブラウザを立ち上げ、Excel を起動しても2Gちょっと超える程度。動画の編集のような重い処理をしなければ、4Gで十分かも知れません。人によっては、「いや、8Gにして大きなキャッシュとして使うんだ」と言うかも知れませんが。

タスクマネージャを起動すると、スレッドのグラフが8個並んで壮観です。まるで、サーバのリソースモニターを見ている感じで壮観です。ハイビジョンのビデオ再生をしながらこうしてメッセージを書いていても、CPU 利用率は5%前後です。

2.PC本体
PC本体の質感はとても良く、精度の高い仕上がりです。たとえて言うなら、10年落ちのカローラから LEXUS に乗り換えた感じ。以前に使っていたマシンが DELL で、今回が NEC の家庭向けの機種ということもあるのでしょうが、大幅に高級感が増しました。小さいながらも小奇麗なリビングに置いてもいいようなマシンです。

最初は本体右上にある電源ボタンを押さなければならないのかと思っていましたが、キーボード右上にある小さな電源ボタンが「PC電源」のボタンになっていて、これがPC全体の電源ボタンになっていました。テンキーの上には、キーボードだけでなくマウスの電池容量のインジケータまであって、なかなか凝っています。ただしこれだと、後でロジクールのマウスに変えたいなと思ったときは、どうするんだろう。インジケータが意味をなさなくなるだけかな。

スピーカーは、sound by YAMAHA のロゴが入っているだけあって、PC としては十分すぎる音質です。本体後ろにウーハーがあります。PC本体の音(ファン、HDD)は静かな方で、夜に小音量でTV視聴するのにも耐えるレベルです。

液晶画面は光沢のあるタイプ。個人的には光沢のない方がいいなと思っていましたが、実際に使ってみると、そうでもありませんでした。私は、目の疲れを抑えるために、極力ディスプレイを暗めにするのですが、一番暗くしても結構、明るいです。
このページのトップへ

メーカー機種CPUMemory外部記憶OSCRT
1984SharpMZ-80BZ80A 4MHz64KBカセットテープなし一体型グリーンCRT
半角80*25文字?
1985HitachiMB-S168B09E 2MHz
Z80B 6MHz (option)
RAM:48KB
VRAM:48KB
FDD 2D(320KB)
なし
CP/M-80
14インチCRT
640*200カラー
1986NECPC-9801VXi80286 8MHz
V30 10MHz
640KBFDD 2DD
Carabell 80MB
MS-DOS 3.3A14インチCRT
640*400カラー
1991Shop Brand不明i80486 33MHz8MB?210MBWindows 3.x17インチCRT
1994Shop Brand不明Pentium 150MHz64MB不明Windows NT 3.x三菱RD17G
1998フロンティア神代不明Pentium Ⅱ 400MHz128MB⇒256MB不明Windows 2000Nanao E55D
(17インチCRT)
2002NECVALUSTAR TPentium Ⅳ 1.6GHz256MB80GBWindows XP
Professional
三菱Diamondcrysta RDT172M(液晶)
(1280*1024)
2006DellDimension 5150CPentium D 820 2.8G×21GB⇒3GB250GB同上同上
2010NECVALUSTAR WCore i7-860S
2.53GHz/最大3.46GHz
4core/8thread
4GB1TBWindows 7
Home Premium
64bit正規版
一体型23型
ワイドフルHD
(1920*1080)


久しぶりにPCを買い替えることにしました。これまでは、必ずと言っていいほど新しいOSが出たら買い替えて(あるいはインストールして)いましたが、Vista や Office 2007 をスキップしたこともあり、久しぶりに環境が変わる感じです。そこで、これまでのPCの経歴みたいなものを書いてみようと思い立ちました。

振り返ってみると、私が最初にパソコン(当時はマイコンと呼んでいた)を手に入れたのは、四半世紀前。オプションのフロッピーディスク・ドライブが定価で20万円以上もする時代でした(もちろん私は持っていませんでした)。メモリは64KBしかなく、CPUのクロックは4MHzです。OSはなく、起動するとBASICインタプリタが立ち上がるという感じでした。

それから時代が変わったのは、CP/MやMS-DOSといったOSを搭載する16ビットのマシンが登場した頃です。このとき、一太郎や(今は亡きライバルの松)が登場しました。当時はフロッピーディスク2枚に、カナ漢字変換とワープロが収まっていました。

その後、Apple の Mac(当時はかなり高かった)に少し遅れて Windows の時代がやってきました。私は Windows 3.0 から使い始めましたが、企業で使われるようになり始めたのは、Windows 3.1 からです。Windows 95で一般の人たちにもブレークしました。その後、Windows NT 系と Windows 3.x/95系が合体して Windows 2000 になり、肥大化した Vista を経て今の Windows 7 に至っています。

CPUやメモリの量、HDDの容量もかなり変わりました。CPU はクロック換算だけでも865倍。これにバスの幅(8bit⇒64bit)、マルチコアやパイプライン、キャッシュメモリなどの技術を加味すると、1万倍以上は速くなっていそうです。

メモリは64KB⇒4GBですから、6万5千倍になっています。外部記憶も320KB×2(フロッピー)の時代から1TBですので、168万倍になっています。そう言えば、HDDのディスクとヘッドの隙間は、DNAの螺旋構造の直径よりも小さいのだそうですね。驚きです。


このページのトップへ

FC2Ad

Information

古琳斗(コリント)
  • Author: 古琳斗(コリント)
  • 難しくなって来ている時代だからこそ、インテリジェンスが必要です。知識を得ることは本来、楽しいもの。ゲーム感覚で向き合ってみましょう。

Search

Calendar

09月 « 2017年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

これまでのお客さま


フリーエリア

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。